宅建とは何か? 〜宅地建物取引業法に基づいて定められた国家資格

宅建とは何か? 〜宅地建物取引業法に基づいて定められた国家資格


みなさんは宅地建物取引士という言葉を聞いたことがありますか?

宅地建物取引士、略して「宅建」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、初めて宅地建物取引士と聞いた時には、何のことだろう?と思い、宅建と聞いてからようやく分かったという方も多いのではないでしょうか。

1 国家資格である宅建

宅建というと、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

デベロッパーに入社した大学の友人が就職活動後にあわてて勉強していたとか、宅建の資格を持っていると独立して仕事ができるとか、金融機関への転職がしやすいとか、不動産業界で働く人は取得しなければならないとかいろいろなイメージをお持ちだと思います。

宅建、正式には宅地建物取引士とは、宅地建物取引業法に基づいて定められた国家資格です。具体的には、宅地や建物を売り買いする際に、契約関係や土地についてのアドバイスを行うことができるようになる資格です。

2 宅建士は土地・宅地の取引のプロ

どの土地を買うべきかのアドバイスなら、資格を取得するためにたくさん勉強しなくてもできるとお考えの方もいるかもしれません。

しかし、宅地や建物など、不動産の取引は、巨額のお金が動く取引でもあります。そして、日々自分たちの仕事に打ち込んでいる人にとっては、契約内容を詳しく読み込んだりする時間は限られていますし、契約書を読みこなすためには、民法をはじめとする法律についての素養が不可欠です。

そのため、土地や建物の取引のプロである宅地建物取引士が、アドバイザーとしてそれらの取引に関与することで、人々が安心して不動産等の取引ができるようになるのです。宅地建物取引士は、民法やこのほかにも土地についての専門的な法律をしっかりと勉強してその能力を国から認められた、土地や宅地の取引のプロと言えるでしょう。

3 海外にもある宅建に似た資格

ちなみに、日本だけでなく、韓国にも宅建と似たような資格があります。

韓国の宅建業者の中には、最初は資格保持者として住宅取引のアドバイスをしながら、投資や経営について勉強し、今では住宅などの建物を自分で建てて売るという仕事をしている人もいるようです。
日本においても、宅建の勉強を活かしてさらに勉強して司法試験に挑戦する人などもいます。

4 宅建士の資格でさらなる道を拓く

宅地建物取引士の資格は、それだけでも社会的に重要な仕事をプロとして行うことができるようになる上に、その資格を中心にさらに勉強を重ねることで、自分の会社を興したり、さらには弁護士など他のプロフェッショナルにもなったりする道を拓く資格なのです。

宅建カテゴリの最新記事