宅地建物取引士(宅建士)として働くのに向いている人とは?

宅地建物取引士(宅建士)として働くのに向いている人とは?

宅地建物取引士(宅建士)として働くのに向いているのはどのような人でしょうか?

1 注意深さがある

宅地建物取引士は、人々が安心して複雑かつ高価な宅地などを購入できるように、契約書の重要事項についてアドバイスを行うことが大切な業務となっています。このアドバイスを的確に行うためにも、注意力のある人が宅地建物取引士として働くのに向いているといえるでしょう。

土地や建物についての契約書は、細かく複雑な構造になっていることも多くあります。宅地建物取引士にとって、それらの条項を注意深く検討して、生じうる場合を想定し、分かりやすく説明するスキルが重要になるため、複雑な法律を細かく検討する注意力が求められるのです。

2 不動産に関心がある

これは当然のことといえるかもしれませんが、不動産や建物が好きな人が向いていると言えます。

宅建を取得するためには、不動産に関する法律を大量に勉強していくことになるので、法律の対象について関心が強い方が勉強を楽しく継続することができ、勉強の記憶や理解もはかどると思います。

また、不動産に関係する他の資格を取得することで、宅建士の活躍の場はさらに広がります例えば、マンションの委託契約についての重要事項を説明する業務を行うための「管理業務主任者」という資格などがそれにあたります。

不動産に関心の強い人の方が、仕事を楽しめるのはもちろん、関連する資格も比較的ストレスが少なく取得していけるでしょう。

3 平日以外に働ける

土・日・祝日に働くことを厭わない人も向いているでしょう。

なぜなら、平日は会社で働いている人が物件を見て回ることができ、実際に宅地などが売れるのは、土・日・祝日だからです。宅建士としては、ビジネスの勝負どころとして土・日・祝日に働く必要があります。

ただ、土・日・祝日は忙しくても、平日に休みをとることができるので、ワークライフバランスを実現することも可能だと思います。また、自宅のすぐ近くで独立開業することになれば、食事は自宅でとれるので、家族と接する時間を確保していくことができるでしょう。

4 コミュニケーション能力が高い

宅地建物取引士は、人と話すのが大切な仕事ですので、コミュニケーション能力が高い人が向いていると考えられます。宅地建物取引士として働いている人の中には、休日には近所の人を集めてホームパーティーをする人もいるようです。このように、普段から人と接するのを心がけることで、新たな仕事の機会に繋がることもあるからです。

5 まとめ

宅地建物取引士に向く人の特徴を挙げてきました。ただ、これらはプロとして人と接することが求められる会計士や弁護士などはもとより、企業で働く場合にも求められる能力です。

重要なのは、宅地建物取引士の仕事に情熱を傾けて、多くの顧客にできるだけ丁寧に説明しようとする姿勢なのではないでしょうか。これまでの説明を読んで、自分も宅地建物取引士として働けそうだと感じた方は、ぜひ、宅建の勉強を始めてみてください。

宅建カテゴリの最新記事