17個の基本説明事項

17個の基本説明事項

17個の基本説明事項

宅建試験に合格すると就けるようになる宅地建物取引士ですが、資格を持っている人だけに出来る独占業務というものがあります。
その一つに、契約前に契約者へ物権の重要な情報を知らせる『重要事項の説明』という業務がありましたが、その際作成することになる重要事項説明書について詳しく見ていきましょう。

17個の基本説明事項

重要事項説明書に記載する必要のある事項として、まず基本的には次の17個が必要です。

・登記された権利の種類及び内容
 物件引渡時に抵当権の登記が抹消される予定でも、説明時に登記があれば記載・説明する。また、移転登記の申請の時期や引渡の時期は説明しなくていい。
法令に基づく制限の概要(建ぺい率が何パーセントであるかなど)
・私道に関する負担
私道の幅員や負担面積を記載するが、建物の貸借の場合は説明しなくてよい。
・飲料水、電気およびガスの供給ならびに排水のための移設の準備の状況
 整備がされていない場合はその見通し、特別の不安も書く
・宅地または建物が、宅地の造成または建築に関する工事の完了前のものであるときは、その完了時における形状、構造等
・代金、交換差金(交換する宅地建物の評価額に差がある場合にそれを埋めるお金)および借賃以外に授受される金銭の額および当該金銭の授受の目的
 代金や交換差金、借賃はまだ契約の決まる前であるため重要事項には入らず、それ以外の金銭である敷金や権利金等を記載する。
・契約の解除に関する事項
・損害賠償額の予定または違約金に関する事項
・手付金等を受領しようとする場合の手付金等保全措置の概要
・支払金または預り金(50万円以上)を受領しようとする場合に保証の措置その他の保全措置を講ずるか、講ずる場合はその措置の概要
・代金又は交換差金に関する金銭のあっせん内容および当該あっせんに係る金銭の貸借が成立しないときの措置
・宅地または建物の瑕疵を担保すべき責任の履行に関し保障保険契約の締結等を講ずるか、講ずる場合における措置の概要(貸借の場合は説明不要)

では、次のページに続きます。

宅建カテゴリの最新記事