宅建試験攻略のポイント

宅建試験攻略のポイント

宅建は、最近特に関心が高まってきている資格です。
この記事では、就職・転職の際に有利な資格と言える宅建試験の攻略ポイントをご紹介します。

1 合格点は7割前後。効率よく勉強を!

直近のデータを見る限り、合格点は33~36点の間となっており、合格するためには約7割の得点が必要であることがわかります。

独学の場合、どうしてもすべての範囲を網羅的に勉強してしまいがちですが、宅建は満点を取るのが求められる試験ではありません。出題可能性の高い部分を学習しておけば、十分に合格点に達することのできる試験となっています。

2 カギを握るのは過去問分析!

実は、宅建試験の出題範囲は膨大です。すべての範囲を勉強しようとすると、1年はかかってしまいます。

しかし、合格基準点である7割を取るためには、頻出分野のみを学習すれば十分です。
その分野とは、過去問に出ている分野なのです。

独学の場合、宅建対策として過去問を勉強する方は多いと思いますが、単に問題を解くだけ、ということが起きがちです。

宅建の出題を分析していくと、実は過去問からの出題が非常に多いことに気づきます。その割合は実は7割以上に及びます。したがって、過去の出題を徹底的に研究することで、効率的に学習することが可能です。

もちろん、過去問の中にも頻出分野とそうではない分野がありますので、濃淡をつけて勉強していくことが必要になります。直近5年の合格基準点のデータから分かるのは、出題される可能性の高い過去問に絞って学習していくことが重要、ということです。

↓↓↓間違った勉強法に注意!!過去問のうまい使い方とは!?↓↓↓

法律の専門家や予備校講師が本気で教えてくれます!資格スクエア!

3 学習範囲の絞り込みが重要!

独学の方にとって最もハードルが高いのが、学習範囲の絞り込みでしょう。宅建試験の出題範囲は膨大ですが、毎年その中から50問しか出題されません。

たとえば「権利関係」の範囲は民法にとどまらず、区分所有法、借地借家法、不動産登記法など非常に幅広いです。それでも、この分野からは例年13~14問程度しか出題されず、範囲も決まっています。

こうした出題範囲の広い分野については、学習範囲の絞り込みをしていないと、無駄な時間が多くなってしまったり、不要な部分を学習してしまったりするでしょう。独学であれ予備校を使うのであれ、出題可能性の高い部分に絞って勉強をする必要があります。

↓↓↓元SDNが本気で「宅地建物取引士」を目指す!!宅建ちゃんねる!!↓↓↓

資格スクエアでは各試験の攻略ポイントをその道のプロが解説しています!

宅建カテゴリの最新記事