20年間使い続ければ善意・悪意を問わず地役権を取得出来る。(宅建)

20年間使い続ければ善意・悪意を問わず地役権を取得出来る。(宅建)

20年間使い続ければ善意・悪意を問わず地役権を取得出来る。​

宅建試験に出題される民法では、自分の土地を便利にするために他人の土地を利用する権利である、地役権について定めています。

地役権と時効

所有権が時効によって取得出来るように、地役権も時効による取得が可能です。

民法上では「地役権は、継続的に行使され、かつ、外形上認識することができるものに限り、時効によって取得することができる」とされています。 地役権を行使するためには地役権設定契約が必要なのですが、たとえこの契約をしていなくても、20年間使い続ければ善意・悪意を問わず地役権を取得出来ます。

要役地が複数人による共有地である場合、この共有者が時効によって地役権を取得しようとしている時に、地役権を取得されそうになっている者が時効を食い止めるためには、時効取得する共有者全体に対して時効中断手続をとる必要があります。

共有者のうち1人が20年間土地を使い続けて地役権を時効取得した際には、他の共有者たちも同じ内容の地役権を取得出来ます。

地役権の消滅

地役権は20年間、権利を行使しないと時効によって消滅します。

要役地が共有の場合、共有者の1人にういて地役権の消滅時効の中断があれば、他の共有者にも同じ中断の効力が生じます。

宅建カテゴリの最新記事