宅建の試験科目より 相隣関係~公道に出るための通行権・境界標の設置・水流の妨害禁止~

宅建の試験科目より 相隣関係~公道に出るための通行権・境界標の設置・水流の妨害禁止~

宅建試験に出題される民法では、隣り合う土地の関係を処理する、相隣関係についても定めています。

「袋地」という言葉をご存知でしょうか。
これは周りを取り囲まれている土地のことであり、他人の土地を通行しないと公道に出ることができない場合を指します。

1 一部譲渡・分割による袋地

公道に面した土地の所有者Aが、公道に面している部分を一部Bに売ったとします。
反対側の公道に面した土地は、この契約に無関係であるCさんのものです。
そのため、袋地であるAさんの土地から公道に出る際にはBさんとCさんの土地を通行しなくてはなりませんが、Aさんはどうすればよいのでしょうか。

こういった場合、BさんはAさんの通行を拒否することはできません(Cさんは無関係なので拒否が可能)。
またBさんはAさんから通行料などのお金をとることも不可能です。
一部譲渡・分割による時、Bさんの土地は残余地として扱われ、Aさんはこの残余地に通行権を有することになり、通路を解説することも可能です。

また、Aさんが袋地をDさんに売却したりBさんがEさんに残余地を売却した時でも、通行権はそのままDさんに移行、あるいは通行を許可する義務がそのままEさんに移るため、この図式は変わりません。

2 一部譲渡・分割によらない袋地

譲渡や分割ではなく元々袋地であった場合には、公道を出るためにその土地を囲む他の土地を通行することができます。
しかしその方法や、どこを通行するのかの場所は必要なだけ、かつ他の土地の所有者にとって最も損害が少ないものを選ばなくてはなりません。
そして原則、通行権者は他の土地の損害に対し、1年ごとにお金を払う必要があります。

また、必要があれば通路を開設することが可能です。

3 境界標の設置

土地の所有者は隣地の所有者と共同の費用により、土地の境界を表示するための境界標を設けることができます。
この設置・保存費用は隣り合う者同士が等しい割合で負担します。

境界線のための測量では、土地の面積の広さによって費用を分担します。

4 水流の妨害禁止

隣り合っているAさんの土地とBさんの土地が傾斜上にあったとして、雨が降るとAさんの家からBさんの家に水が自然に流れてくるとします。

この場合、自然に流れてくる水をBさんは妨げてはいけません。

宅建カテゴリの最新記事