宅建に関するよくある質問

宅建に関するよくある質問

宅建試験についてよくある質問

Q 宅建の難易度はどのくらいでしょうか?他の法律系の資格試験と比べて難易度に違いはありますか?

A 宅建の合格率は例年15~20%程度です。
合格率だけを見ると、難しく感じますが、弁護士などの他の法律系の資格と比べると難易度は比較的低く設定されています。
また、出題傾向も固まっていますので、過去問をしっかりと勉強し準備をすれば法律の初学者の方でも合格できる資格です。

Q 独学で合格することはできますか?

A 独学で合格している方もいますが、効率が悪くなりがちです。
宅建は出題範囲が非常に広い割には、出題される部分が限定されているのですが、独学では出題される部分を絞るのが困難です。
難易度こそ高くないものの、広い出題範囲の攻略がキーになりますので、効率よく勉強するべきであり、そのために予備校を使うのは効率的です。

Q 仕事しながらの勉強ですが、合格できますか?

A 仕事や育児をしながらでも十分に合格は可能です。
隙間時間を見つけて継続的に学習することが合格への近道ですが、資格スクエアでは、オンライン専業という強みを生かして、いつでも、どこでも学習ができる環境を整えています。
仕事をしながら独学で、という難易度の高い勉強パターンであっても合格ができるよう、資格スクエアが強力にサポートしていきます。

Q 宅建と一緒にとったらよい資格はありますか?

A 宅建は法律の試験ですので、他の法律系試験と内容が重なることが多いです。
宅建を取得した方は、さらなるキャリアアップとして、より難易度の高い、行政書士、司法書士、ファイナンシャルプランナーなどに挑戦されることが多いようです。
また、不動産関連の資格としてマンション管理士や管理業務主任者を受ける方も多いようです。

宅建カテゴリの最新記事