宅建とは

宅建とは

宅建とは

宅地建物取引士とはどのような資格でしょうか?

宅地建物取引士(宅建)は、日本において、不動産の売買や賃貸の仲介をするのに必要な資格です。
資産として重要な価値を持つ不動産。
宅建は、常にニーズが高く、沢山ある国家資格の中でも受験者数と知名度で群を抜いています。
不動産業者が宅建業を営むには、宅建の資格取得者が必要となっています。
毎年20万人以上が受験する人気資格です。

通常、家を買うというのは一生で一番大きな買い物です。
多額の金額が動き、慎重に不動産取引を進める必要があります。
宅建の資格取得者は、法律の知識をもとに的確なアドバイスをすることで不動産の売買を助ける重要な人です。
また、家を借りる際にも金額規模は違いますが、借りる人、貸す人にはいろいろな不安があります。
雨漏りはないか、シロアリはいないか、、、など。
宅建の資格取得者は、不動産の賃貸の場面でも活躍する重要な人です。

こうした不動産の売買や賃貸の場面で重要になるのが重要事項の説明。
取引を公正に成立させるために、取引前に買主・借主に物権の説明をするといった、宅建主任者にしかできない仕事があります。
法律上、宅建の資格取得者なしには不動産業は成り立たないのです。

具体的には、不動産の買主や借主に対し、所有者が誰で、どのくらいの広さの不動産で、登記は誰名義で、キャンセルした場合にどうなるのか、という事項を説明していくことになります。
不動産取引にかかわる人が、実際にどのような不動産を取引するのかを明確にわかるようにするのが仕事になります。

宅建カテゴリの最新記事