宅建試験の概要

宅建試験の概要

宅建試験の概要

宅建試験はどのような試験でしょうか?

宅建試験は毎年10月中旬に行われます(年1回の実施)。すべて択一式の試験で行われ、合格発表は、12月の第1水曜日に行われるのが通常となっています。

宅建の試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するか否かを判定することに重点が置かれており、試験内容は以下のようなものになります。
土地建物の権利関係に関する事項
土地建物の法令上の制限に関する事項
土地建物の形質、構造、種別に関する事項
土地建物の税金に関する事項
土地建物の価格の評定に関する事項
土地建物の需給に関する事項
宅地建物取引業法に関する事項

受験資格は特になく、誰でも受験可能です。ただし、合格したあとに宅地建物取引士として登録するにあたっては、一定の条件が必要になります。

宅建試験の形式は四肢択一で50問の筆記試験になります。試験時間は2時間になります。
試験の案内は7月上旬から開始され、7月下旬までが申込期間、10月第3日曜日に試験が実施されます。
合格発表は12月上旬で、例年20万人の受験者で15%程度の合格率です。

独学で宅建を受験される方も多いですが、予備校と独学を併用して宅建を受験する方が効率的な場合が多いです。難易度の比較的高い試験になりますので、独学のみでなく予備校をうまく活用するようにしましょう。

宅建カテゴリの最新記事