司法試験予備試験の科目より 自分のことは自分で決める!〜「自己決定権」って?

司法試験予備試験の科目より 自分のことは自分で決める!〜「自己決定権」って?

自己決定権とは、自己の個人的事柄について、公権力から干渉されずに自ら決定する権利です。

憲法は、個別的に

・信教の自由(20条)で「何を信じるか信じないかを決める!」「私は○○教を信じる!」
・表現の自由(21条)で「何を(どこで)表現する・表現しないかを決める、何を知るかを決める」「私は○○政策に反対だ!」
・職業選択の自由(22条1項)「何を仕事にするか決める!」「予備試験、司法試験に合格して弁護士になる!」

自分で決めることを保障しています。

1. 自己決定権とは?

しかし、上記以外のものについて、自分で決めた生きていくのに大切なことは沢山ありますね。
それが、保障されるかどうかが13条の保障範囲として問題となります。
個人を尊重する(個人の尊厳)に基づくなら、私たちが生きていくのに大切である、不可欠である、と決めたことについて尊重されるべきです。
これを自己決定権といいます。

自己決定権は、憲法13条の幸福追求権の一内容として保障される、と考えることができます。
その理由は、憲法13条の幸福追求権は、個人の尊厳原理を規定しており、個人の人格的自律を前提として、そのような人格的生存に必要不可欠な権利・自由を包括的に保障した具体的権利と考えることができるからです。
自分で生きていくのに不可欠なものを決める、それを邪魔されない、このような自己決定権が保障されることは、まさに自分で決めて生きていく、人格生存に不可欠といえるからです。
(*13条の自己決定権の保障について、一般的な自由について幅広く保障する考える立場もあります。)

このように考えると、13条の自己決定権の保障の中身は、自分で決めることにあり、保障範囲はかなり広いものと捉えることができそうです。
少し、分類してみましょう。

2. 自己決定権の種類

自己決定権を大きく3つに分類すると、

(1)生命・身体の処分を決める自由
具体的に問題となったことがあるのは、延命治療の拒否(尊厳死)、宗教的理由による輸血拒否など。

(2)家族のあり方を決める自由
結婚・離婚、妊娠・避妊・妊娠中絶の問題。

(3)ライフスタイルを決める自由
髪型の自由、服装の自由など。ここで対象となるのは、広範となりそうですが、保障範囲となるかどうかは、人格的生存に直接かかわるかどうかで判断されます。

予備試験カテゴリの最新記事