司法試験合格で広がる人生

司法試験合格で広がる人生

司法試験に合格する事は、法曹三者になる以外にも官庁で働いたり法務部長になったりと色んな可能性がある

予備試験の後、司法試験に合格したら、弁護士や検察官など無数の可能性が広がることになります。

予備試験受験のモチベーションを高めるためにも、司法試験に受かった自分をイメージしてみましょう。
 

苦労の分だけ得るものがある

司法試験に合格することで、収入も含め、司法試験に合格すればそれだけの結果が待っています。

国家資格は大抵の場合、苦労の大きさと合格後に得られる成果は比例するからです。

国家資格にも色々あり、全くの初心者でも1か月程度の勉強で合格出来る資格から、基礎知識を積んだ人でも1年以上かけて取り組まないと受からないような資格もあります。
法律系の資格は司法試験の他に、司法書士や社労士、行政書士、宅建、税理士などです。

様々な国家資格の中でも、司法試験は最難関レベルの座を長年維持してきました。
最大のブランド力を誇り、どこに行ってももてはやされる資格なことは間違いありませんが、その反面で合格までの道のりが最も厳しく険しいものになるのも事実です。

 

他士業も兼ねる弁護士資格

司法試験の資格を持っていれば、弁護士・税理士・行政書士・社会保険労務士などを名乗ることが可能になります。

弁護士や検察官、裁判官になるためには司法試験合格後の司法修習を受けることが必要になります。
報酬目的の法律事務を請け負うためには、その修習後に与えられる弁護士資格を持っていることが条件なのです。

司法予備試験のブランド力は法曹三者以外にも拡大しているのです。

 

司法試験合格には人生を一気に変える力がある

弁護士資格の取得はかなり魅力的なものですが、司法試験の合格者全員が必ずしも弁護士や検察官を目指すわけではありません。キャリア官僚採用などの輝かしい道もあなたを待っているのです。

実例として、20代後半まで職歴が無かったような人でも司法試験に合格したことによって、海外大学で教鞭を執ったり、有名企業の法務部長になったり、官庁や政党に出向したりと幅広い選択肢を手に入れています。

それは、司法試験合格というカードを所持していることは即ち、最難関レベルの国家資格にパスしたということを意味しているからです。
司法試験合格には、人生のステージを一気に駆け抜けられる力があるのです。

予備試験カテゴリの最新記事