司法試験合格者は自らにストレスを与える。苦労の積み重ねが本番を有利に

司法試験合格者は自らにストレスを与える。苦労の積み重ねが本番を有利に

単調な暗記作業を地道にこなすなど普段からストレスを感じることで、試験本番でプレッシャーを感じなくて済む

司法試験は1年に1回しかありません。今年落ちたら、また来年まで勉強を続けなければならないのです。こう考えると、試験本番に感じるプレッシャーはかなりのものでしょう。

辛い試験本番を乗り越えるためにはどうすれば良いでしょうか。

普段からストレスを感じておく

試験本番のストレスに耐えるためには、普段の勉強からストレスを感じておくことが必要となります。

普段の勉強からのストレスとは、具合的にどういうものでしょうか?

それは、単調な作業を繰り返すことです。司法試験の勉強は、単調な作業がほとんどです。法律知識を頭に入れ、またアウトプット作業し、知識をまた入れ直す、という作業がほとんどです。頑張っているのに、覚えられないという事が多くあり、ストレスになるものです。

そのストレスを普段から感じておく事で、試験本番のストレスに耐えられるようになります。

苦労した分だけ合格に近くなる

また、ストレスを感じると、本番に強くなるだけではなく、合格に近くなります。

なぜなら、何度も何度も記憶し直すことで、法律知識が定着しやすくなるからです。
お風呂に入っていてもトイレに行っても、電車やバスに乗っていても、どこでも考えなくてはなりませんし、わからなかったら後からテキストをひっくり返して確認する作業も伴います。
本当に地道で嫌になる作業としか言いようが無いでしょう。

日頃苦しんだ分、本番に感じる苦しみが軽減されるのです。

限界の勉強時間にプラス30分、のように、普段の勉強で苦しんでおくことで、試験本番で楽になるのです。

予備試験カテゴリの最新記事