【じつは簡単!?】予備試験の心得とは…

【じつは簡単!?】予備試験の心得とは…

西:岡嶋さん。そうそう。これ言うの言いなれてないんですけど。2015年の予備試験の合格者の方ですよね。岡嶋さんに聞きたいことがあるんですけれど。予備試験合格するのに必要な力とか知識とか、そういうの全然わかんないんですけど教えてください。

岡嶋:予備試験に合格するにはですね。基礎的な基本的な力さえあれば予備試験絶対合格できる試験です。

西:基本的なことしか聞かれないんですか。

岡嶋:そうですね。予備試験ってそもそもどれくらい合格するのかっていうと4%なんですね。

西:うそ。それ全然簡単じゃないじゃないですか。

岡嶋:簡単じゃないんですけど基礎、基本的なこと。本当に基礎さえできてれば4%の中に入れちゃうんですよ。

西:4%ってことは、やっぱめっちゃ難しいんじゃないですか。

岡嶋:たしかに簡単とは言えないですけど。4%って聞くとですね知識を沢山入れなきゃとか、たくさんいろんなこと勉強しなきゃとかいろんな本読まなきゃって思うんですけど。それじゃないんですよ。

西:違うんですか。

岡嶋:違うんです。基本的なこと。基礎さえできてれば、あとは答案で示したりとかするだけで合格しちゃうんですね。勝手にボロボロ落ちてくんですよ。基本的なことが書けないんで皆が。そうすると自分が勝手に浮いちゃうんですね。

西:なんか結構強気ですね岡嶋さん。

岡嶋:もうそこだけは自信をもって言えるんですね。本番なにが起きたかって言うと、分からない、問題解けない、どうしよう、分かることだけ書いとこう。ってやったら上位になって。いい答案が書けて。書けて。それで合格できたって試験なんです。

西:なるほどね。自分の手ごたえ以上に自分はできてたって感じなんですね。

岡嶋:そうですね。手ごたえは落ちたです。

西:落ちたと思ったんだ。

岡嶋:落ちた。ダメだと思ったんですけど。基本的なことしか書いてないです。これじゃダメだなと思うんです。基本的なことしか書けなかった。答案を開示したらですね。上位と。

西:ちょっと自慢もはいってますね。

岡嶋:そうですね。本当に基礎、基本さえ押さえとけばどうにかなってしまうんですね。それを間違えるから、いろんな本手を出してみたり、いろんなこと勉強して、結局なにも見につかずに落ちてく。

西:じゃ基本とか基礎とかに絞っていったほうがいいってことですね。

岡嶋:そうですね。基礎、基本をとにかくやってく。

西:なるほど。なるほど。今日のまとめそれだけで大丈夫ですか?

岡嶋:それだけで大丈夫。とにかく基礎、基本をやってくってことですね。そのあとなにを具体的にやればいいのかっていうのを次から、お話したいと思います。

西:次回へのフリも、もうすでに完璧ってことでこうご期待です。キラリン。

予備試験カテゴリの最新記事