自分のことは自分で決める!パーマと剣道実技拒否の判例~予備試験・司法試験のためのおはなし~

自分のことは自分で決める!パーマと剣道実技拒否の判例~予備試験・司法試験のためのおはなし~

前回みた未成年の判例は、校則に違反してパーマをかけた私立高等学校の生徒が自主退学を勧告され退学願を提出し退学となった事件で、判例は学校側の勧告は裁量の範囲内としました。

これに対して、同様に未成年ですが宗教的自己決定である20条の信教の自由をもとに退学処分を違法とした有名な判例があります。
講義では信教の自由のところで出てきます。

予備試験・司法試験では必須判例です。

剣道実技拒否事件(最判平8.3.8)

事案
高等専門学校の学生が、信仰する宗教(エホバの証人)の教義に基づいて必須科目の体育の剣道実技を拒否したため、原級留置・退学処分を受けましたが、信教の自由を侵害するとしてその処分の取消しを求めた事件です。

判旨
「高等専門学校においては、剣道実技の履修が必須のものとまでいい難く、体育科目による教育目的の達成は、他の体育種目の履修などの代替的方法によって」行うことも性質上可能であること、学生の剣道実技への参加拒否の理由は「信仰の核心部分と密接に関係する真しなもの」で、その被る不利益(原級留置、退学処分)は極めて大きいこと、代替措置の申入れに対して、学校側はそれが不可能というわけでもないのに何ら検討することもなく拒否したことなどから、体育科目を不認定とした担当教員らの評価を受けて、2年続けて原級留置とし、退学処分にしたという措置は、「考慮すべき事項を考慮しておらず、又は考慮された事実に対する評価が明白に合理性を欠き、その結果、社会観念上著しく妥当を欠く処分をしたものと評するほかはなく、本件各処分は、裁量権の範囲を超える違法なものといわざるを得ない。」

修徳館学園高校パーマ退学事件との比較

修徳館学園高校パーマ退学事件は、学校側の判断に違法なしとしました。
自主退学勧告という処分が合法に至った背景の事情として、原告である生徒は、パーマをかける前にバイク免許を勝手に取得し、本来であればこの時点で校則で退学処分であったところ、大目に見てもらっていた矢先、パーマをかけてきて自主退学を勧告されたという事情があります。

これに対し、剣道拒否事件は普段の生活には全く問題がなく、体育の剣道のみ信教上の理由で拒否していたという事例です。

この二つの判例は、あまり比較されることはありませんが、学校事例であること、退学に関する処分であること、大きく自己決定という観点からみると、共通するところがあります。

また、相違点もあります。
私立学校と公立学校であること、パーマをかける自由に対し信教の自由であること、等です。

公立学校という点は、私立学校よりも独自色を考慮しない分、学校長の裁量が限定される方向に傾きますし、パーマをかける自由という13条の保障範囲に入るかどうか悩ましい嗜好性の強い自由であるのに対して信教の自由は20条で具体的に保障されるくらい重要な人権のひとつなので、積極判断になった理由のひとつでしょう。

判例は体育科目による目的、目的達成手段、拒否の理由(ここで信教の自由であることが考慮されています)を具体的にみて、裁量逸脱で違法の判断を行っています。
信教の自由の判例として重要判例ですが、審査基準としては弱い、明白な合理性の基準(裁量違反)で違法を導いた判例としても答案作成上重要です。

予備試験・司法試験の論文では、審査基準の決定も重要ですが、それ以上に長い事案の中から具体的事実をどう評価して、判断するかが大切です。
どの点が共通してどの点が異なるのか。

論文問題は、何かの判例を基にその事実を少し変えて判断が分かれる問題として出題されることが多いです。
どの事情が異なれば判断が異なるのか思考訓練することは、論文対策につながると思います。

予備試験カテゴリの最新記事