法律の世界に浸り過ぎない

法律の世界に浸り過ぎない

学説や判例集を読みすぎない、知識を深めすぎないことが大事

受験勉強が辛ければ辛いほど、司法試験に合格する可能性が高いことは「受験勉強に楽しさを求めてはいけない」でお話ししました。

受験勉強をつまらなくする要因は、アウトプットを徹底的にすることです。(「読書家になってはいけない」より)

それでは、アウトプットを繰り返し行う上での注意点は何でしょうか?

大きく分けて2つあります。

学説や判例にこだわりすぎない

1つ目は、判例集や学説にこだわらないということです。

法学を始めた頃は、判例や学説を覚えることが勉強の大部分を占めることになります。そのため、判例や学説にこだわり続けてしまうのです。

確かに、判例や学説を読むことも大事です。しかし、判例集や学説は、読み出したらキリがありません。

なぜなら、法律の世界には、膨大な数の学説や判例があるからです。論文集や判例タイムズ、ジュリスト、最高裁判所の判例にある最高裁の調査官解説など、読み始めたら出口が無いというくらいです。

重要なのはインプットよりもアウトプット重視にすることです。
つまり、判例集や学説を読んだら、必ず問題演習に取り組みましょう。

知識は深めすぎないように

2つ目は、知識を深めすぎないように、ということです。

司法試験を受けるにあたって、表面的な法律の知識では、合格などできません。
しかしそれはあくまでも試験に受かるレベルで理解すれば良いのであって、博士論文を書く時のような知識は必要ないのです。
やりすぎると知識過多になってしまい、なんでも知識で解決しようという悪い傾向が出てきてしまうこともあります。

非常に難解な専門書を読んだり、深くまで知識を追求しようとすると、アカデミックな気分になり、楽しいかもしれません。しかし、そんな自分に酔ってはいけないのです。

予備試験カテゴリの最新記事