司法試験の論文式試験対策に必要な3ステップ

司法試験の論文式試験対策に必要な3ステップ

司法試験でも予備試験でも、短答式試験が終わると次には論文式試験が待っています。

論文式試験には3つのステップがある

論文式を突破する力を身に着ける過程には、3つのステップがあるのです。

まず1つ目のステップは、確実なステップを身に着ける段階です。

ピラミッドにしてもスカイツリーにしても、下の方の作りがちゃんとしていなくては上がぐらついてしまいます。
ここがしっかりしていないと、いくら勉強したところでなかなか実力がつかないでしょう。

ここに問題がある人というのは、つまりは基礎がしっかりしていないということです。

2つ目と3つ目のステップは全然違う

2つ目のステップは、論文の雛形のストックをしていく段階です。
司法試験の合格率が高い人達に共通しているのはこのステップの達成度で、予備試験や法科大学院の既修者試験においては論文式対策という言葉で表されています。

予備試験だけでなく、司法試験合格のためにもこのステップをきっちり仕上げておくことは必要になるでしょう。

そして3つ目のステップですが、これは旧司法試験が廃止され現行のものになってから要求されるようになった要素です。
事実の特殊性、判例の射程問題(憲法、行政法、民事訴訟法、民法で特に顕著)、事実の割り振りの仕方、事実の評価の仕方、実務的な事案処理手順(刑事訴訟法で特に顕著)が挙げられるでしょう。

しかしこのステップは、2つ目のステップを完成させてから取り組むようにした方がよいと思います。
予備試験合格を目指す時点ではこのステップまで仕上げる必要は無いのですが、合格発表から司法試験本番まで半年しか無いため、予備試験の段階から多少は意識しておくべきでしょう。

2つ目、3つ目のステップは論文式試験対策のものなのですが、内容は全く異なっています。

3つ目のステップの完成度は、司法試験の合否にはあまり影響しないかもしれません。
それよりも合格順位を左右する要素と言えるでしょう。

予備試験カテゴリの最新記事