予備試験短期合格を目指すなら予備校利用がマスト!合格へ導くメソッドとは

予備試験短期合格を目指すなら予備校利用がマスト!合格へ導くメソッドとは

例年、合格率が4%ほどの難関国家試験の1つでもある予備試験ですが、短期合格を目指すにはどのような対策をすれば良いのでしょうか?独学で予備試験合格を目指すことは学習の方向性や合格対策という点に着目すれば、非効率であり合格が遠のいてしまう可能性が否定できません。

合格することを1番に考えると、一般的には、予備校を利用する受験生が多いでしょう。しかしながら、予備試験対策講座を提供している学校は、大手から新興予備校を含めると複数ありその特徴もさまざまです。いったいどのような点をポイントにして選べば良いのでしょうか?

この記事では、予備試験に合格するためのメソッドなどに着目して解説していきます。是非、今後の予備校選びのご参考になさってくださいね。

 

1 予備試験に短期合格するには?

〜ただ勉強するだけではなく、合格するための効果的な勉強が短期合格の秘訣

◆ 勉強法

◆時間の使い方(スキマ時間の有効活用!)

◆学習スケジュールの立て方

 

これらは、頭では理解しているつもりでも実際にやろうと思うとなかなか難しいですよね。情報過多の現代ですので、勉強法に関する情報収集をしているはずなのに収拾がつかなくなってしまうことも少なくありません。また、特に時間の使い方に関しては、誰もが悩まれるのではないでしょうか?『スキマ時間』という言葉も珍しくなくなってきましたが、このスキマ時間を本当に実践している人は実際にどのくらいいるでしょうか?意外とできていない人の方が多いのかもしれませんね。中高生が電車の中でテキストや英単語帳を熱心に見ている姿はよく見かけますが、通勤電車の中で勉強している社会人をどのくらい見かけるでしょうか?スマホやタブレットで動画やゲームをしていませんか?心当たりのある方は、その時間を思い切って勉強の時間にあててしまいましょう!

 

とはいえ・・・、やらなくてはならないと思っていても、ついつい甘えが出てしまいスケジュール通りに進まないなんていうこともありますよね。それとは対照的に、頑張り過ぎて無理なスケジュールを立ててしまい、途中で挫折してしまうという危険性もあります。気づいた時には、数ヶ月経過しており、「ああ、もう無理・・・、インプットも終わらなかった。お手上げ!」という状態になってしまうことも決して珍しいことではありません。

 

 これらを回避し短期合格を目指すのであれば、やはり予備校の利用が欠かせません!

それは、いったいなぜなのでしょうか?次に、予備校利用について少し深掘りしてみていきましょう。

 

 

2 予備試験短期合格を目指すには予備校の利用がマスト

結論からいえば、予備校には合格するために必要なものが揃っており無駄がないということです。

使用する教材選びに迷う時間、学習スケジュールの立て方に悩む必要もありません。現在は、オンラインで司法試験や予備試験の講座を提供している予備校も増えてきましたので受験生にとって選択肢は増えているのが現状です。とても便利な時代となりましたよね。分厚いテキストや六法をわざわざ持ち歩かなくても良いですし、過去問もアプリなどで完結できてしまいます。通勤時間などのスキマ時間に勉強を進めることができるようになりました。受講費用に関しても、良心的な価格帯の予備校もありますので安心ですね。

ここでは、予備試験に短期合格するためには予備校の利用がマストである理由についてみていくことにしましょう!

理由1| 研究し尽くされたカリキュラムで方向性を間違えない!

先にも少し触れましたが、予備校には合格に必要な教材や分かりやすい講義が全てセットになっています。以前は、有名講師が在籍している大手老舗予備校はもちろんのこと、講師経験が豊富な元大手予備校講師が立ち上げた予備校や元弁護士が立ち上げたAIなどのITテクノロジーを駆使した予備校など多岐に渡ります。いずれの予備校においても“合格するため”のさまざまな工夫と研究し尽くされたカリキュラムをオリジナルメソッドとして提供していることは間違いありません。

試験傾向の分析などは、とても素人には無理ですし、合格するためにしなければならないことという趣旨からは大きく脱線してしまいます。予備試験に短期合格するためには、勉強の方向性を間違えてしまっては元も子もありませんよね。

 

理由2| 論文の添削をしてもらうことができる(アウトプットの充実)

自分1人の力だけではどうにもならないことのうちの一つに、合格者や講師に論文の添削をしてもらうということが挙げられます。ある程度論文学習が進めば自分で添削できるようになるでしょうし、学習後期には、自ら添削できるレベル(ミスや過不足に気付ける)に到達しなければなりません。合格者や講師に論文を添削・評価をしてもい(フィードバック)自分の中に落とし込む作業の繰り返しがとても大切です。ロの視点で客観的に評価してもらえますので短期合格を目指すのであれば、論文の添削をしてもらう課程を省くことは望ましくありません。むしろ、積極的に行いたい学習方法です!

また、論文添削だけではなく、予備校には、過去問や模試などのアウトプット学習が充実しています。カリキュラムに則ってアウトプット学習を最適な時期に行うことで着実に実力が養われますので、やはり短期合格には欠かすことができません。

 

理由3| モチベーション維持ができる

「もう無理・・・。心折れそう、いや折れたかも。」

このような経験は、受験生であれば1度や2度は経験することになるでしょう。そのような時に心の支えとなるのが『受講生フォローアップ制度』です。各予備校で名称は異なるでしょうが、司法試験や予備試験の合格者や講師に直接相談できる環境のある予備校を選ばれることをおすすめします。

個々の置かれている環境は千差万別です。仕事や家庭、学校などさまざまな事情により勉強スケジュールが思うように行かずモチベーションが低下してしまうことも少なくありません。また、周りに受験生仲間がいない方は、ちょっとした悩みなどを相談することができず共有する場も少ないため孤独になりがちです。全ての方に当てはまるというわけではありませんが、予備試験や司法試験にチャレンジすることは、孤独かつ長期的な闘いとなりモチベーションの維持が難しいことも現実です。

3 1.5年計画でコスパよく短期合格を目指すなら資格スクエアがおすすめ

◆“合格するための無理のない勉強スケジュール”を立てて実践していこう!

 

資格スクエアでは、”どう勉強するか”が、合格可能性、合格までにかかる時間を大きく左右する試験だと提唱しています。合格者の共通項を分析し、予備試験に最も適した勉強法やAIを駆使した過去問などをオリジナルメソッドとして講座に落とし込んでいます。また、受講費用は大手予備校のおよそ6割に抑えられており、コスパの面でもハードルが下がっている点にも注目です。(適正な価格で提供することで、法曹に憧れるすべての人が夢に挑戦できる場所を目指しています)

また、『フォローアップ』と称した受講生へのフォロー体勢も好評を得ています。悩める受験生の背中を押してくれたり、個々の事情に合わせて正しい勉強法やスケジュールなど軌道修正を行いながら最後まで伴走してもらうことができる点も嬉しいポイントです。

そして、論文添削数は、なんと業界最多の200通!プランによりますが、テレビ電話を活用して月に2回対面で個別指導が受けられます。

たとえ、予備校利用者であっても勉強のスケジュールを立てて予定通りに実行していくことは本当に難しいことです。受験生の中には、仕事との兼業受験生はもちろんのこと、仕事を辞めて専業受験生として挑んでいる受験生もいらっしゃいます。学生であればサークルやアルバイト、遊ぶ時間を我慢して頑張っている受験生もいるでしょう。

予備校を利用されている方は、基本的には予備校のカリキュラムに沿ってインプット・アウトプットを進めていけば問題ないですが、大切なことは予備校選びの段階にありです!

それは、いったいどういうことなのでしょうか?

司法試験や予備試験に特化した予備校は、大手老舗予備校の場合100万円を超える高額なところもあり経済的にもなかなかすぐに決断できるものではありませんよね。受験生にとっては、時間的な悩みだけではなく、経済的な悩みにも直面してしまいます。この点も予備試験(その先の司法試験)にチャレンジしようと思ってもなかなか踏み出せない原因の一つとなっているのかもしれません。また、予備校選びの際に大切なことは予備校の知名度や受講費用だけではありません。いったいどのようなことなのでしょうか?

 

自分の可処分時間と目標合格年度との兼ね合いを検討しよう!

予備校選びは、「老舗大手だから合格できる。」「受講費用が安いから。」という要素だけで決めてしまわずに、もう1度検討してみてください。

もう1点大切なこと、それは、その予備校のカリキュラムが自分置かれている環境、つまり1日における勉強の可処分時間に対して“合格目標までの学習期間”に無理がないかどうかという点です。

大手ならではの安心感や信頼度は予備校を選ぶ際に確かに重要なポイントとなりますが、ここはしっかりと見極める必要があります。

資格スクエアの予備試験講座は、講座の視聴期限を1.5年に設定し無理のないスケジュールで学習継続することが可能です。たとえば、視聴期限が1年しかないため勉強が終わらず「追加費用」がかかってしまうというような心配をする必要がありません。受講費用の安さだけに囚われず、自分の可処分時間と目標合格年度との兼ね合いについてもしっかりと検討する必要があるということですね。

よく分からない、もう少し詳しく聞きたいと思われた方は、是非お気軽に資格スクエアの受講相談をご活用くださいね。あなたに合った最適なプランをアドバイスしてもらうことができますので、今後の指針に役立つことは間違いありません!

4 サマリー

勉強に関する難しさやモチベーション維持の難しさなどネガティブな面についても見てきました。しかし、このような悩みや不安を解決してくれるのが『予備校』の存在であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。また、予備校を検討する際には、講座内容はもちろんのこと受講生フォロー』が付帯されていることや自分の可処分時間と目標合格年度との兼ね合いを検討したうえで選ぶことも重要です。

 

5 まとめ

  • 予備試験に短期合格するポイント①勉強法②時間の使い方(スキマ時間の有効活用!)③学習スケジュールの立て方にあり!
  • 予備試験短期合格を目指すには予備校の利用がマストな理由 研究し尽くされたカリキュラムで方向性を間違えない!②論文の添削をしてもらうことができる(アウトプットの充実)③モチベーション維持ができる
  • 1.5年計画でコスパよく短期合格を目指すなら資格スクエアがおすすめ!(受講費用は大手予備校のおよそ6割)

 

予備試験カテゴリの最新記事