専門知識編~気象災害~

専門知識編~気象災害~
専門知識編~気象災害~|気象予報士試験について | 資格試験対策なら資格スクエア

気象予報士にとって、警報の取り扱いは重要であり、警報そのものの設問のほか、大雨災害や台風災害、その他の災害についての設問が毎回2~3問出題される為、非常に重要な試験になっています。

気象災害とは、気象現象によって人々の生活や人々の命にまで関連する現象です。警報や注意報の留意点としては、注意報や警報の基準は地方によって異なり、絶えず見直しが行われる点です。府県予報区をいくつかに分けた1次細分区域で天気予報は行われます。しかし、注意報や警報では、より適切な運用を図る為に更に2次細分区域に1次細分区域を分けています。警報の種類には「暴風」「暴風雪」「大雨」「大雪」などの種類があり、これらの現象により重大な災害が起こる恐れがある場合に発表されます。更に、重大な災害が起こる恐れのある場合に発表されます。警報の内、重大な災害が起こるおそれが著しく大きい場合が特別警報です。更に、数年に1度の頻度でしか起こらないような大雨が観測された時には記録的短時間大雨情報が発表されます。ただし、記録的短時間大雨情報は大雨警報に変わるものではありません。注意報・警報は随時発表され、その期間に有効期間に定めはありません。注意報・警報は新たな注意報又は警報が行われた時、または解除されるときまで継続されます。

また、台風は日本において災害を起こす頻度が高い事象になります。台風で多くの人命を失う時は台風が高潮を伴った時であると一般的に言われています。太平洋湾岸の多くのワンの様に南に開いている湾では、湾を右側に見て台風が通過するとき、つまり、湾の奥に向かって風が吹く場合に大きな高潮になります。また、低い経度で発生した台風の進路は概ね偏西風に流される事によって西へ進み、台風を流す大規模な流れがなければ地球の自転の効果によって北上する性質があります。偏西風帯に入った場合には、北東から東北東に進みます。また、7~9月にかけて北緯25~30度の比較的高い井戸で台風は転向する事象もよく見られます。また、気象庁は平成15年度から台風情報に関する3つの改善を行っています。それは、1時間後の位置情報の充実、暴風域に入る確率の改善、台風の強度予報をこれまでの48時間先から72時間先までに延長と言うものです。1時間後の位置情報の充実とは、1時間後の情報を人々にリアルタイムで届ける事が可能と言う意味です。これにより、人々はより前もって防災対策が出来る様になりました。

気象予報士カテゴリの最新記事