【一次と二次では全然違う!?】中小企業診断士の試験のコツは!?

【一次と二次では全然違う!?】中小企業診断士の試験のコツは!?

西:部長。中小企業診断士。まだまだ続きますって言ってですね、この間コツとかないんですかって聞いたのにコツの話教えてくんなかったんですよ。

鬼頭:たどりつかなかったね。タイムオーバーだったね。

西:っていうことで今度こそ試験のコツ、勉強のコツみたいなのを教えほしいですね。

鬼頭:教えてほしいの、教えちゃうよ〜。

西:そんなじらさないでいいですよね。さっと。

鬼頭:中小企業診断士はですね、1次試験と2次試験と全然違うんですよ、試験の内容がね。2次試験は1次試験のある程度の科目が試されるんですけど。1次試験の範囲はめちゃめちゃ広いんです。

西:じゃ覚えることもメッチャ多い?

鬼頭:って思うでしょ。だからテキストから勉強すると結構失敗するパターンの試験なんですね。

西:じゃやっぱり。か、こ、もん。

鬼頭:なんですよ。か、こ、もんをやると、どういう部分が出るかわかるんで。この7科目あるじゃないですか。7科目もあるんですけど。そのうち7科目の中小企業政策ってのはとりあえずまぁマイナーな科目なんでほっといて。メインは6科目なんですね。6科目について範囲だけみたらメチャメチャ広いんです。だって経営法務という科目があるんですけども。それ経営に関する法律全部なんで。もうそれだけで1つの資格になるよみたいなね。とか財務会計ってのも簿記全部みたいな感じなんで。

西:簿記じゃんみたいな。

鬼頭:しかも企業経営論なんてものもあって経営に関する論理全部みたいな感じなんですよ。超大変じゃんみたいな感じになるわけですよ。超大変。超大変なんで。超超超大変ってねると思うんですけど。そんなことないんですよね。本当に私はですね最年少で合格した人に話を聞いたことあるんですけど、なにをやったか。過去問しかやってません。もう示し合わせたようなこと言ってましたね。

西:やっぱり同じこと言うんですね。

鬼頭:過去問しかやってないと。確かにですね。過去問をみると同じような問題ばっかり出てるんですよ。試験範囲こんなに広いのに。

西:実際にでるのはココとココとココくらいな。

鬼頭:またココみたいな。またコレみたいな。しかも結構ですね、問うてる知識の幅が薄いっていうか浅い知識で済むんですよ。そんなに超深い理解は求められないんですね、1次試験に関してはね。単純にちゃんと理解してるかとか、一通り知ってるかとか問われるんで。過去問をちゃんと解ければできるような問題になってるんですね。

西:過去問かやっぱり。

鬼頭:なので1次試験を通過するのはぶっちゃけそんな大変なことじゃないと思いますね。

西:ちなみに過去問何年分くらい?

鬼頭:過去問ですね。5年分くらいの人が多いと思いますよ。だけどなるべく多く解いた方がいいと思いますね。もし問題集があるんだったら7年とか10年分、10年分はなかなかないんですけど。7年分とか結構あるんで、そういう問題集解いたほうがいいと思うんですね。あとポイントがね2次試験。これがね司法試験と一緒で模範解答がないんですよ。

西:またそのパターンね。

鬼頭:そのパターン。そのパターンなんで。ある程度自分で書き方を確率して、受かった人に見てもらうとか。受かったの答案見せてもらうとかしないとなかなかですね、我流で合格レベルに達するのは結構難しい2次試験はね。だから意外といるのが2次試験だけ5回落ちてますみたいな。

西:もったいないですね。

鬼頭:そういう人いるんですよ。だから免除になっても免除の有効期間2年しかないので。免除切れみたいなね。またいかなきゃみたいな。また1次試験うわーみたいになっちゃうんです。なので2次試験は結構ポイントがあるので、そのポイントをなんていうかどういう書き方をすればいいかみたいなのを教えてくれるところを探すのがいいと思いますね。

西:まって。教えてくれるところってもしかして。

鬼頭:資格スクエアのこと言っちゃってる。私はね論文書くのがめちゃめちゃ得意なんで。中小企業診断士の2次試験の過去問もね分析したんですよ。

西:そっちまで分析しちゃった。

鬼頭:中小企業診断士の先生達と議論して。資格スクエアメゾッドみたいな感じで。こう書いてこう書いてみたいな感じのね。そうすると穴うめになるわけですよ。論文って言ったって。論述って言ったってね。だからこういう資格スクエア方式で書いたら、もう埋めるだけですよと。しかも穴の埋めかたってのは問題文のココに書いてありますよみたいなね。

西:すごくないですかちょっと。

鬼頭:凄いでしょ。それは司法試験の過去問を分析して得た出題者からの息吹。息吹を感じることができるんで僕も中小企業診断士の息吹を感じることができるんですよ。要領は全部一緒ですからね。

西:出題者の思いを感じとって。

鬼頭:だから中小企業診断士1次試験はちゃんと過去問をやれば絶対受かります。2次試験は合格者に論文を見てもらうか、その合格者の受かった論文をちゃんと読む。そしてちゃんと自分の方式を作って。方式がわからない人は資格スクエアの方式に従って問題を解いていけば絶対受かりますから。頑張ってください。

西:頼もしい。

鬼頭:頼もしいでしょ。それに3次試験ってのもあるんですよ。それはほとんど全員受かるんで気にする必要ないです。

西:サラっと流して。

鬼頭:だから1次試験と2次試験だけ気にして頑張ってください。

西:頑張りましょう。

資格スクエアチャンネルカテゴリの最新記事