独学のポイントはたった2つ!!

独学のポイントはたった2つ!!

西:いやー資格は3種類あるんでしたっけ。

鬼頭:そうです。3種類。

西:えっと。一発逆転。キャリアアップ。趣味。私がペン字がうまくても、そんなにお金はもらえない。

鬼頭:趣味としてはいいよ。

西:良い趣味ですよね。

鬼頭:モテるかもしんないよ。

西;それは大事ですよね。

鬼頭:うん。モテたいよね。モテたいんだったらいいよ、ペン字うまくなって。

西:モテたいからペン字はやるとして。お金を稼ぎたいなら、やっぱり1か2って言ってましたもんね。

鬼頭:そうですね。

西:でも独学の時間が大事とはいえね独学って難しいもん。

鬼頭:独学てまぁ難しいっていうけど誰でもできるんですよ。 

西:誰でもできてたら塾とかいらなくないですか。

鬼頭:だから独学ができるようになれば塾はいらないんですよ。私塾やってますけど独学できる人は塾いらないんです。

西:じゃ本当に独学ができる人はこの動画も見なくていいんじゃない。

鬼頭:どうぞ合格してください。もうすぐ独学してください。もういらないんで。

西:でもね、やっぱりね。躓いちゃうのが大半じゃないですかね。

鬼頭:そうなんですよね。だから私は基本的に勉強は独学派なんですけど、じゃいろいろ独学ってなんなんだということを考えたわけです。そのポイントはね戦術を練るとなんと2つ。2つしかないんですよ。

西:では今からその2つを発表してくれる。

鬼頭:1つ目効率よくやること。2つ目それを続けること。この2つだけなんですね。

西:続けることね。

鬼頭:効率よくやるっていうのは。最短で受かるルートってのは各資格によってあるわけです。その型ってのは決まってるわけですよ。はやくまわして。過去問をやってアウトプットをしてインプットの知識を定着させて、いかにその早いサイクルを回していくかなんですね。それ合格者のデータとかあるいはサイエンス脳科学とか。そういうものによって裏付けられているわけです。なので資格スクエアクラウドシステムは、そこは完全に科学してるんで、そのシステムにのって勉強すれば、もっとも早く合格にたどり着けるようなルートになってるわけですね。なのでぶっちゃけた話。自然にそれをできちゃってる人っているのでいわゆる効率のいい人とか天才と呼ばれてる人達。その人達にとってはホント塾なんて行かないよ。なんで塾なんて行くの。

西:そっか。天才は別に塾行かないですんもんね。

鬼頭:天才ほど独学でしょ。その天才のやってるルートに沿って勉強できたらすごい簡単に合格できると思わない?

西:ちょっと楽な気持ちになりますね。

鬼頭:そう。だからね黄金のルートがあるわけですよ。1つ目の効率性ってのは完全にオンライン学習で突き詰められるんですね。ただ2つ目の継続性。これが大変なんです。

西:モチベーションがね落ちるし。

鬼頭:ダイエットとかランニングとかと一緒なんですよ。

西:続かないのがダイエットですからね。

鬼頭:明日からダイエットしようって思ってる人って毎日、何百万人もいるでしょ。

西:明日からダイエットって言いながら、じゃがりこ食べたりね。やるやる。

鬼頭:もう次の日もじゃがりこ食べてる

西:次の日はチョコとかになってる。

鬼頭:明日から勉強しようっていう人っていっぱいいるわけですよ。

西:あれでしょ。積んどくみたいな。

鬼頭:だからね。継続をするってのはものすごく難しいことなので。継続も私はね科学してますんで、私の理論をですね、あとでお伝えしたいです。ちょっと長くなりそうなので。今回は効率性がいかに重要かって話でとどめときますね。

西:じゃ次は継続を科学するの回ね。

鬼頭:そうです。

西:OK部長

鬼頭:継続できるようになろうぜ。

西:なりますよ。明日からとか言いませんよ。

鬼頭:明日からとか言わない。

西:たぶん。

鬼頭:じゃ明日。やっていただきましょう

西:継続の話は明日から。

鬼頭:よろしくお願いします。

資格スクエアチャンネルカテゴリの最新記事