【スピンオフ企画】資格全ガイドをパッと開いて語ろうvol.1

【スピンオフ企画】資格全ガイドをパッと開いて語ろうvol.1

西:部長。今日はね私。こんなものを、こんなものを。

鬼頭:なに。資格全ガイド。

西:持ってきたいましたよ。

鬼頭:持ってきちゃった。それ。買っちゃった?すごいねそれ。

西:そうなの。これは私が読みたいから買ったってよりは。部長を試そうと思って。

鬼頭:なんと。資格カタリストの俺を試しちゃうと。なるほどね。

西:そうなの。そうなの。どれだけ語れちゃうのかなってのを。

鬼頭:語れちゃうでしょそれは。もうバッチリきなさいよ。もうバッチリきなさいよ。打ち返してあげるから。打ち返してあげるよ。

西:なんかちょっとオカマっぽいけど大丈夫?

鬼頭:ホント・OKいいよ。

西:ぺらぺらって今適当に。めくって止まったとこで。やらせてもらっちゃおうかな。そういう無茶ぶり企画でございます。

鬼頭:なんとかしちゃう。チュッチュッチュ。なかなか迷ってるね。

西:これでいいかな。いきます。情報セキュリティスペシャリスト。

鬼頭:スペシャリストいっちゃった。

西:それでね、国家っていうのが書いてあるのと、なんか独学っていうところに〇がついてる。

鬼頭:俺に気を使って選んじゃったの。独学ついてるから。なるほど良い部員だな。いい部員もったな。独学がいいですよ1番。情報セキュリティスペシャリストっていうのは情報処理の試験の1種なんですね。基本情報処理と応用情報処理があって、それのさらに上位資格としてサ-バー関連の資格とかいろいろあるんですけど情報セキュリティスペシャリストはその1つなんです。ところがね情報セキュリティという言葉に反応しちゃったんだけど情報セキュリティマネジメントっていう試験ってのが実は4月から始ってまして。

西:新しいやつかな。

鬼頭:新しい試験。単に新しい試験じゃないこれはね。これが凄いのは第4次産業革命って今言われてて政府が大々的に打ち出してるわけですよ。それこそね自動車が自動で運転されますよとかね。そういうのと一緒に。なんと情報セキュリティマネジメント試験みたいなのが書いてあるんですよ。情報セキュリティに精通した人材の創出ってのに関連してそれを認定する資格を重点いれてやりますよって書いてあるわけ。政府の戦略に書いてあるわけ。内閣のホームページにのってるわけ。弁護士だって乗ってないよ内閣府のホームページに。情報セキュリティスペシャリストってのは情報セキュリティマネジメントが乗ってるわけ。

西:その新しい資格が重要っぽいってことですか?

鬼頭:そう。情報セキュリティがめちゃめちゃ重要。ほんとあんたね大手の企業のね個人除法流出が毎日のようにニュースになってるじゃない。

西:どっかが流出させたとか。

鬼頭:その流出件数も何百万件とかいってる。とんでもないことになってるでしょ。でもそういうのがやっぱりスペシャリストだけじゃなくて。たとえば一般の企業のなかにもある程度分かってる人がいないといけないよねというふうに思われてきてて。それは政府の国家戦略にもなってるわけですよ。だから今まではニッチな試験だったのに。ほんとにエンジニアのスペシャリストですみたいな人です。しか受けなかったんだけど。知らなかったでしょ。情報セキュリティマネジメントってのはITパスポートっていう結構入口の資格のさらに入口みたいな資格なわけ。情報セキュリティマネジメントに関する基礎的なことを学んだ人が受ける資格なんだけど。これがなんと4月からできて、これを企業の人はとるっていう流れになってるわけですよね。情報セキュリティのスペシャリストじゃなくてもマネジメントくらいはとっとけという形で政府が推進してるんで。この試験は凄く重要になってきますよ。初回はね2万人くらい受けたけど、どんどんどんどん増えますよ受験生は。絶対にもしかしてこれに興味あるなっていう人は絶対受けたほうがいいですよ。資格スクエアでも実は情報セキュリティスペシャリストはやらないんだけども、情報セキュリティマネジメントはなんと扱いますからね。8月に。

西:新しい資格を。

鬼頭:8月にリリースしちゃいますんでね。

西:凄いですね。新しいことにもう

鬼頭:情報処理系の資格にガンガン充実さしていっちゃいますから。もう西さんが選んだ資格どんぴしゃ。ドンピシャですよ。

西:いやー。良い部員だったな私。

鬼頭:良い部員。全ガイドの中からそれ選んじゃうのはできてるよ。もってるね。持ってる。

西:じゃ今後もいい資格ペラペラっとね。

鬼頭:ペラペラっと選んじゃって。今日の一言は情報セキュリティはこれからの国家戦略のキーワードなんでね絶対ちょっとでも興味ある方は目指してみてください。

資格スクエアチャンネルカテゴリの最新記事