宅建ちゃんねる2 〜 2020年の宅建試験は12月にも行われる!?

宅建ちゃんねる2 〜 2020年の宅建試験は12月にも行われる!?

SDN48のなちゅさんと、資格スクエア宅建講師である田中裕介さんによる、大好評シリーズの第2弾「宅建ちゃんねる2」。今回は、2020年の宅建試験は12月にも行われる可能性が出てきたという話題について、田中先生が徹底解説します。

1 「12月試験」の可能性がある

2020年のコロナ禍にあっては、あらゆる資格試験の実施にも影響が及んでいます。

宅建試験については、特例的に71日に発表がありました。例年通りに試験会場を確保することが難しくなっているため、出願者全員が予定の会場に入りきらない場合に、試験日を増やすことで対応しようという措置です。

本来の試験日である1018日に加えて、追加の試験日として1227日が予定されています。

注意したいのは、10月と12月、両日程を受験することや、どちらか希望の日程を自分で選ぶことはできない点です。あくまでも10月に受験するということで願書を提出し、溢れた人だけが12月に受験するという制度と思われます。つまり、10月に受験生全員が会場に収まれば12月の試験はなくなることになります。

2 試験問題は本当に同じ難易度になる?

試験問題も10月と12月では異なるものが出てくるようだと、田中先生は解説します。

同難易度で出題されるとアナウンスされていますが、試験を作る側から考えると12月の方を簡単にすることは考えにくいそう。12月受験の人が、先に行われた10月の試験問題を見て臨むことを踏まえると、同難易度と言っても12月の方が難しくなる可能性があるからです。

一般的に考えると、快適な気候の10月試験より、寒い季節の12月試験は損です。しかし、田中先生が受験生なら、今年に限っては遅めに出願して12月試験を狙うと言います。それは一体なぜなのでしょう? ぜひ動画でご確認ください!

追加の試験についてはまだ発表がありませんので、まずは10月を目指して勉強していきましょう!

2020年の宅建試験は12月にも行われるの!?【宅建ちゃんねる2】#14

資格スクエアチャンネルカテゴリの最新記事