宅建ちゃんねる2 〜 宅建資格の魅力とは? 社会人受験生にオススメの勉強法はこれだ!

宅建ちゃんねる2 〜 宅建資格の魅力とは? 社会人受験生にオススメの勉強法はこれだ!

元SDN48のなちゅさんと、資格スクエア宅建講師である田中裕介さんによる、大好評シリーズの第2弾「宅建ちゃんねる2」。今回は、宅建士となったなちゅさんが実感している「宅建士の魅力」と、合格を目指す社会人向けの勉強法について2人が語ります。

1 宅建はどんな資格? その魅力をなちゅが語る!!

(1)宅建資格を取った方が良いのはどんな人?

宅建資格を取得したことで、周りの見る目が変わったと感じているなちゅさん。

ギャルであることや、学校での成績が良くなかったことで、これまでは世間から認められていないと思っていましたが、宅建資格を取得してからは社会人として認められている感じがするそうです。「宅建士です」と名乗ると、お客様の信頼や取引相手の業者さんの目線が全然違うとか。

田中先生も「“一矢報いたい”という方に、宅建資格の取得はオススメ」だと語っています。

(2)宅建試験の勉強は実務に役立つ

田中先生には、宅建取得後のなちゅさんが楽しそうに仕事しているように見えるそうです。なちゅさんは「今、生きてるなーって感じ」と表現しました。

同じように不動産業に携わっているお父さんに、自分の仕事を報告する時が一番幸せな瞬間だと言うなちゅさん。宅建試験の勉強で学んだことが実際の実務に出てくるので、ワクワクするのだそう。

宅建士になることで自信がつき、向上心も湧き上がってきました。

▼【宅建 2020】宅建はどんな資格? その魅力をなちゅが語る!!【宅建ちゃんねる2】#7

2 宅建合格を目指す、社会人に向けた勉強法を教えます!

なちゅさんも田中先生も、社会人になってから宅建に合格しました。
ふたりは働きながらどのように勉強時間を確保していたのでしょうか。

(1)時間確保の方法

田中先生は、下の2つを実践しました。

・スキマ時間に勉強する
・スマホにデータを入れてどこでも勉強する

仕事以外はほぼ勉強漬けで、仕事がある日でも1日5時間は勉強したそうです。

なちゅさんは、賃貸不動産の業務をしながら、始業前の2時間、朝7時から9時まで田中先生のインプット講座を観ました。8月までは終業後やスキマ時間勉強などはほぼ勉強していませんでしたが、8月以降は、なちゅさん曰く「衣・食・住以外の時間」を全て勉強時間に充てたそうです。

宅建に対する愛の深さで合格できるか否かが決まる、と当時を振り返るなちゅさん。田中先生も「資格を取ってやるぞ」と粘れるかどうかだと語りました。

(2)田中先生と出会ってからの変化

なちゅさんが昨年、田中先生と出会ってからの勉強法は、ただ問題を解くという方法から、丁寧に理解しながら問題と向き合う方法に変わりました。

田中先生は、問題を解く数も減らしたと振り返ります。なちゅさんは、問題を解けば中身を理解していなくても“やった気”になってしまうため、少ない問題を確実に解いていく方針にしたそうです。

(3)社会人受験のメリットとは?

なちゅさんは不動産業に携わっていたため、宅建の勉強は頭に入って来やすかったと言います。職場の先輩で宅建士の方に質問できる他、現物の書面を見ることもできました。

宅建に限らず、司法書士などは登記の申請書や雛形をネットで画像検索してみるのが田中先生のオススメです。実際に見てみると、よりイメージしやすくなるわけですね。

また、勉強のスケジュールは、仕事のタイムテーブルに加えて組み込めるのも、社会人受験生のメリットでもあるようです。

社会人ならではの欲望と愛を持って試験勉強に励みましょう!

▼宅建合格を目指す、社会人に向けた勉強法を教えます!【宅建ちゃんねる2】#8

資格スクエアチャンネルカテゴリの最新記事