お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 賃貸不動産経営管理士講座
  3. > 合格までのスケジュール
  4. > 賃貸不動産経営管理士
Chintaimedia lecture1 f859f6ec2a

賃貸不動産経営管理士の講習は受けるメリットはあるの?

賃貸不動産経営管理士には講習というものが存在します。ただ講習に参加して講義を聴くだけでもそれなりに勉強にはなりますが、実は他にもいろいろなメリットがあるのです。そこで、今回は賃貸不動産経営管理士の講習についてお話ししたいと思います。

 

賃貸不動産経営管理士の講習は受けるメリットはあるの?|資格スクエア|賃貸不動産経営管理士

【目次】

賃貸不動産経営管理士の講習とは?

賃貸不動産経営管理士講習のメリットは?

他にも講習がある?

まとめ

 

資格を取得しようとした場合、独学よりもやはり効率よく取得可能な方法を採用したほうがおすすめですよね。賃貸不動産経営管理士の資格においても、公式講習が用意されているのですが、具体的にどのような内容となっていて、メリットがあるのでしょうか?

 

賃貸不動産経営管理士の講習とは?

賃貸不動産経営管理士の合格率は、最新の結果では50%前後となっています。資格誕生当初は80%近くの合格率が合ったのに対し、明らかに低下しているのが実情です。これは、制度改正により各事業者に対して最低1名以上の賃貸不動産経営管理士を所有したものが従事しなければならなくなったため、駆け込み的に受験者数が増加したという側面があります。また、2017年度から予告なしに試験内容がマイナーチェンジしたため、合格率が下がっているのです。

制度改正によりよりニーズが高まっていることもあり、より効率よく知識を得ることができる方法として、賃貸不動産経営管理士を運用している一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会が講習を行っています。公式テキストである「賃貸不動産管理の知識と実務」を教材に使用しつつ、賃貸管理業務に必要な専門知識の習得と実務能力を高めるための講習です。このような講習の場合、参加要件が限定されている事が多いのですが、賃貸不動産経営管理士講習については誰でも受講することが可能です。

講習は2日間に渡って行われます。開催は6月から9月の間で、札幌、青森、秋田、仙台、新潟、埼玉、東京、横浜、金沢、静岡、名古屋、三重、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、山口、高松、福岡、熊本、沖縄の各会場で行われています。気になる受講料は税込み17,820円となっていて、別途公式テキスト(税込み3,980円)を購入する必要があります。内容としては賃貸管理総論からスタートし、制度の概要、実務に関する知識を中心に行われます。座学スタイルで行われますが、独学で勉強するのと違い試験でのポイントも解説してもらえるのが良いですね。

申込み方法はホームページから手軽に申込み可能です。

 

賃貸不動産経営管理士講習のメリットは?

賃貸不動産経営管理士講習を受けるメリットは多くあります。最もメリットになるのが、本講習の修了者が全国統一試験を受験した場合、知識を習得した者の証として、出題40問のうち4問が免除されます!単純に4問正解したという事になり、試験を有利に進めることが可能となります。ただ、修了者の4問免除の適用は、翌年の試験までの2年間しか有効にならない点には注意が必要です。また、講義は遅刻・途中退室は不可能となっていて全ての講義を受講しないと、修了証をもらえません。受講する場合は、しっかりと最後まで受講する事が重要です。

この他にも、講義を受けることでより高い知識を得ることが可能です。これは試験で必要な知識だけでなく、より実務的な質機や技能を身につけることができます。よって、賃貸不動産経営管理士講習はこれから資格を取得しようと考えている方だけでなく、すでに資格を取得されている方にも門戸を開いています。

 

他にも講習がある?

公式的な講習は1つしかありませんが、他にも資格取得を支援している会社が独自に行なっている講座があります。賃貸不動産経営管理士の試験を合格するには、過去問題をいかに多く解くかが重要となり、その点に重きを置いた講座があります。もし賃貸不動産経営管理士講習だけでは不安に思う場合は、各種講座を受講するのも有効的です!

 

まとめ

賃貸不動産経営管理士講習は、試験を確実に合格したい方にとっておすすめできます。ただ、賃貸不動産経営管理士講習を受講した方の合格率は、未受講者とさほど変わらないのが実情です。講習で学んだことを中心にしっかりと事前に準備して、万全な状態で試験に望むことが重要です。

 

資格スクエアの賃貸不動産経営管理士講座