お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 賃貸不動産経営管理士講座
  3. > 合格までのスケジュール
  4. > 賃貸不動産経営管理士
Chintaimedia measure1 e70752da15

賃貸不動産経営管理士を合格するための対策を伝授!

賃貸不動産経営管理士試験では合格する人もいれば、当然落ちる人も一定数存在します。もちろん、全ての人が合格する人になりたいと思うはずです。そのためには、それなりの対策をしなければなりません。そこで、今回は賃貸不動産経営管理士試験で合格するために対策についてお話ししたいと思います。

 

賃貸不動産経営管理士を合格するための対策を伝授!|資格スクエア|賃貸不動産経営管理士

【目次】

最低でも3ヶ月は勉強期間を取ること!

過去問は使い方が重要!

様々な講習や講座を受けるのも良い!

まとめ

 

何事も、資格を取得したい場合には闇雲に勉強しても合格に結びつかないものです。如何に試験の傾向を掴み、その傾向に即した勉強を行えるかが重要です。賃貸不動産経営管理士の資格では、どのような傾向があり対策を講じればよいのでしょうか?

 

最低でも3ヶ月は勉強期間を取ること!

資格を取得するための知識を得る場合、まずはマスタープランを明確にしてどのステップでどれだけの勉強を行うかを明確にします。勉強する期間について、基本的には過去問題だけをマスターしても30点程度は取ることができますが、例年の合格ラインは約7割の正解率となることが多いので、これだけでは合格できません。

賃貸不動産経営管理士では、公式テキストが用意されており、そのテキストを読めば賃貸不動産経営管理士に必要な知識を得ることが可能です。公式テキストは大手書店で購入することができますので、早い段階で読み始めましょう。もし本気で賃貸不動産経営管理士として現場で活躍することも目的として資格取得する場合は、テキストを何度も熟読して理解することが望まれます。期間としては、最低でも試験の3ヶ月前までには勉強をスタートさせるようにしてください。

 

過去問は使い方が重要!

賃貸不動産経営管理士においても、過去問から出題される問題が多数あります。ただ、2017年から出題傾向が少し変化して、過去問も通用しない問題も増えてきています。まずはテキストで一通りの知識を得た段階で、過去問にとりかかりましょう。過去問は賃貸不動産経営管理士協議会のホームページで公開されていますので、無料で入手することが可能です。

過去問を解いたら、採点をして自分の実力を把握してください。過去問は、過去の出題傾向を把握できるものですし、どこに弱みがあるのかを知ることができます。正解したと喜ぶだけでなく、間違った問題に対して正しい答えと何故間違えたかという点をフィードバックして、再度知識をブラッシュアップさせることが重要です。これにより、深い知識を得ることができます。

 

様々な講習や講座を受けるのも良い!

多くの方が取得されている賃貸不動産経営管理士の資格ですが、これがベスト!という勉強法は確立されていません。本当に自分の行っている勉強が有効であるのかが悩ましい場合は、公式テキストだけでなく賃貸不動産経営管理士協議会が開催している賃貸不動産経営管理士講習を受講するのもおすすめです。講習は毎年6月から9月の間、札幌、青森、秋田、仙台、新潟、埼玉、東京、横浜、金沢、静岡、名古屋、三重、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、山口、高松、福岡、熊本、沖縄で開催されています。2日間の講義で賃貸不動産経営管理士に必要な知識を確実に得ることができます。使用するのは公式テキストですので、事前に入手しておく必要があります。また、講習自体も税込み17,820円の費用がかかります。それ以外で講習を受講すると、なんと試験時に出題40問のうち4問が免除されるという大きなメリットもあります。希望者は誰でも受講できるというのも良いですね。

この他にも、資格取得を支援している会社が多くの講座への参加を募集しています。費用がかかってしまいますが、試験に合格するために必要な知識を効率よく得ることができると好評を博しています。しっかりとスケジュールを意識したカリキュラムとなっているので、スケジューリングに苦戦している方に特におすすめできます!

 

まとめ

賃貸不動産経営管理士の資格を取得するためには、独学も有効ですがより効率よく取得したいのであれば、賃貸不動産経営管理士講習などを利用するのも有効的です。事前準備を怠らず、試験で最高のパフォーマンスを発揮できると良いですね!

 

資格スクエアの賃貸不動産経営管理士講座