資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 賃貸不動産経営管理士講座
  3. 資格取得後のキャリアアップ

資格取得後のキャリアアップ

資格取得後のキャリアアップ

賃貸不動産経営管理士を取得することにより、
・賃貸不動産管理に関する専門知識を体系的に身に付けることができ、業務の幅が広がる。
・賃貸管理のプロとして、家主や入居者との信頼関係を構築できる。
・他不動産業者との差別化を図れる。
・成長産業である賃貸不動産管理業界で、ビジネスチャンスを掴める。
・資格手当が支給されたり昇進したりといった優遇を受ける可能性もある
等の様々なメリットがあります。
中でも一番大きいのは専門業務と必置義務があることです。

専門業務と必置義務

専門業務としては、貸主に対する賃貸住宅管理に係る重要事項の説明及び書面への記名・押印と貸主に対する賃貸住宅の管理受託契約書の記名・押印が追加となりました。説明を行うためには高い知識レベルが必要となり、今まで以上に必要な知識の範囲が広がった印象があります。
必置義務としては、登録業者は事務所ごとに1名以上の賃貸不動産経営管理士等を配置しなければならなくなりました。
管理事務に関し6年以上の実務経験者でも良いとされていますが、実質的に賃貸不動産経営管理士を置く事業者が多く見られます。 このように、資格を持っていることで 業界での業務の幅が広がりキャリアアップすることが出来ます。