資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 賃貸不動産経営管理士講座
  3. 賃貸不動産経営管理士試験 難易度

賃貸不動産経営管理士試験 難易度

近年の試験結果の推移

まずは、近年の試験の結果をご覧ください。

年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率 合否判定基準
平成25年度 4,106名 3,946名 3,386名 85.8% 28問
平成26年度 4,367名 4,188名 3,219名 76.9% 21問
平成27年度 5,118名 4,908名 2,679名 54.6% 25問
平成28年度 13,862名 13,149名 7,350名 55.9% 28問
平成29年度 17,532名 16,624名 8,033名 48.3% 27問
平成30年度 19,654名 18,488名 9,379名 50.7% 29問
令和元年度 25,032名 23,605名 8,698名 36.8% 29問

 

賃貸不動産経営管理士試験の難易度と合格率

難易度は決して高くはありません。

仕事の合間や通勤時間等を有効活用すれば高い確率で合格することが出来る試験です。

上記の表のとおり、令和元年度試験は23,605名が受験し、合格者は8,698名。合格率36.8%という結果でした。

同じ不動産系の試験である宅建試験、マンション管理士試験などの合格率は約10%です。

これを見ると、賃貸不動産経営管理士試験の合格率は不動産関連業資格の中では、高い方である言えます。。

しかし、合格率が比較的高いからといって油断していいわけではございません。

理由は、近年試験が難化してきているからです。

 

今後、難易度が上がる可能性がある

近年、制度の改正にともない、賃貸不動産経営管理士の役割が拡充され、より専門性の高い職業となりました。

そのため、「今後、賃貸不動産経営管理士が国家資格化されるのでは?」という話も聞かれます。

実際、国家試験化を見据え令和2年度の試験からは問題数、試験時間ともに変更となり、現在国家試験である宅地建物取引士や管理業務主任者等の不動産関係の国家資格と同じになります。

国家資格化した場合、ますます当資格の価値も高まります。そうなると、合格率も抑えられることになるかもしれません

実際、賃貸不動産経営管理士試験の合格点や合格率がどうなるかは、試験が行われてみないと分かりませんが、頭の片隅に置いておいて損はないと思います。

このような背景を踏まえると、取得を検討されている場合は、比較的取得しやすいうちにチャレンジしておくのがよいでしょう。

関連記事
・どんな勉強をすればいいの?

 


試験情報につきましては「一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会」を基に作成致しました。