資格相談ダイヤル:TEL 03-6459-3975

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法試験講座
  3. > 司法試験
  4. > キャリア・就職

弁護士で生計を立てていくための方法

曹三者の世界であっても実力主義であり、努力を積めば必ず誰かが認めてくれる 

曹三者とは弁護士検察官裁判官の事を表しています。これらの職業につく為には、司法試験合格しなければなりません。

簡単に言えば、司法試験合格後、民間で働く弁護士となるのか、で働く検察官裁判官になるのかに分かれます。これらの職に就くに当たり、誰もが裁判官になれる、誰もが検察官になれると言う訳ではありません。

弁護士と言っても、大手の弁護士事務所に入るかそうでないかは全く異なってきます。これには司修習生時代が大きく影響しています。

修習とは、司法試験に見事合格した者が、今度は司に携わる即ち実際に実務経験を積むステップの事です。曹三者になる為には、必ず司修習を経なければなりません。司修習時代に優秀な成績を修めていれば、大手の弁護士事務所裁判官などにもなれる可能性は広がります。とはいえ、司法試験合格し司修習を経れば必ず曹三者のうちいずれかになる事は出来るのが現状です。

つまり、基本的に司法試験合格すれば生活は出来ると言えます。

法曹三者になったという現状に甘んじてはいけない

弁護士の現状を見るとアルバイトで生活をしのいでいるという方も中にはいらっしゃると聞くが。。。と言う声を頂く事があります。それは確かに事実です。

弁護士の世界はシビアな実力主義の世界です。その為、残念ながら実力が不足している方は法律に携わる事なく過ごす場合もありますが、それは非常に少ないケースですと言う事は念頭に入れておく必要があります。また、実力主義とは外部からの評価を指しています。その方の本当の実力はもっと高いのかもしれません。しかしそれが他者に認識されなければ意味がありません。

つまり、如何に相手に対して成果を訴える事が出来るかも重要なファクターなのです。これはビジネスである以上当然の事です。

つまり、司法試験合格し、しっかりと努力を積めば誰かが認めてくれる世界なのです。逆に言えば、司法試験に受かったからと言って現を抜かしてしまうと痛い目を見る事になってしまいます。

つまり、司法試験合格後も鍛錬を積むことによって、十分に食べていく事が出来る事が出来るのです。

更に、鍛錬の度合いによっては一般には考えもつかないような年収を得る事も出来る様になります。大手の弁護士事務所の初年度年収は1000万円を超える事もあります。弁護士だけでなく、鍛錬を積めば検察官裁判官になる事も出来ます。

この様に、鍛錬次第では自ら自由に職を選べるようになるのです。

 

この記事もおすすめ

弁護士の仕事はロマンにあふれている

弁護士と言っても様々なので、一括りにはできません。弁護士の仕事にはどの様な事が求められていて、どの様な事をされているのかを抽出していきたいと思います。

View 701

司法試験合格後を考える

司法試験を目指す方は、長時間の勉強や厳しい就職事情と言った現実を前にして予備試験、そして司法試験になぜ自分は挑戦するのかを、改めて考える機会を持つことも重要だと言えるでしょう。法曹資格をどのように活かせるのかを解説しています。

View 1,316

裁判官の年収がとんでもないことになっている

裁判官は公務員と同じ扱いなので、弁護士と異なり比較的正確に年収がわかります。裁判官の年収の上がり方やその仕組みについて詳しく解説し、裁判官の年収一覧も載せています。

View 36,629

検察官は法廷論争だけでなく起訴するかをも決めている

ドラマなどでも大きな話題になったことのある検察官ですが、実際には検察官は具体的にはどの様な仕事をしているのか解説します。

View 498

気になる弁護士の年収。イソ弁やノキ弁‥弁護士が稼げないって本当?

高年収のイメージがある弁護士ですが、実は近年の弁護士の平均年収は下がりがちです。弁護士の年収の他、高年収の弁護士になるためには何が必要なのかを解説しています。

View 6,725