お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法試験講座
  3. > 司法試験
  4. > キャリア・就職
Image063

検察官は法廷論争だけでなく起訴するかをも決めている

ドラマなどでも大きな話題になったことのある検察官ですが、実際には検察官は具体的にはどの様な仕事をしているのか解説します。

検察官のお仕事は加害者の処分を決定すること、そして裁判で犯罪の立証を行うこと

ドラマなどでも大きな話題になったことのある検察官ですが、検察官は果たしてどの様な事をしているのでしょうか。

法曹三者の一つである検察官ですが、扱いとしては裁判官同様に公務員です。

検察官と言った時には、事務官などと協力して加害者などから綿密な事情聴取を行い、どの様な求刑をするべきかを考えていく事が任務であると一般的に思われています。

ドラマの影響などで、検察官にも注目が集まったこともありました。
 

検察官の仕事

さて、では実際には検察官と言う仕事は具体的にはどの様な仕事をしているのでしょうか。

仕事内容は、加害者の処分を決定することと裁判で被告人の犯罪を立証することです。

前者は、警察官か送致された事件や直接告訴があったり認知した事件についてなどに対して捜査を行い、起訴するに値するかどうかを決めます。年齢や本人が反省しているかなど検察官は事件に関して総合的な判断をしなければならないのです。


例えば、軽犯罪法違反のような罪状が軽く本人が誠心誠意反省していたりするのであれば、起訴の必要なしと判断するような場合もあります。

 

この検察官の権限は、被疑者の人生を大きく左右します。そのため、被疑者や事件にかかわる人の人生がかかっているということを理解しておくと良いでしょう。(映画『HERO』久利生検事に見る”正義を貫く”ということ


後者については、裁判ではドラマなどでもある様に、被告人の犯罪を立証する事になります。この際には、裁判所に対して証拠の提出を行う、証人尋問を行うなどします。勿論、求刑も行いますが、裁判所の判決次第では上訴する事もあります。近年の動きとして、裁判員にも分かりやすいような立証方法が求められるようになっています。



如何でしたでしょうか。検察官は国家の治安を守る為に非常に大きな役割を果たし、そして大きな権限を持っている素晴らしい職業なのです。

 

資格スクエアの司法試験講座