資格相談ダイヤル:TEL 03-6459-3975

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 予備試験講座
  3. > 予備試験
  4. > 試験概要

弁護士になりたい人は増えている!司法予備試験が人気の2つの理由

手軽さが受けていること、弁護士の活躍が広がっている点で、司法予備試験は人気である

司法予備試験の受験者数は増加傾向にあります。

一般的に、司法予備試験の受験者数は増加傾向にあるが、司法試験そのものの人気は薄まっていると考えられがちですが、そんなことはありません。例えば、司法予備試験の短答式の受験人口を見てみましょう。平成23年度の受験人口は6,477人でしたが、平成25年度は9,224人、平成26年度は10,347人、と増加していることが分かります。

 

司法予備試験とは

司法予備試験が人気だといっても、一体司法予備試験とは何なのでしょうか?

司法予備試験とは、法科大学院を卒業した人と同等の能力を持つ者であると認定する試験です。司法試験を受ける為には司法予備試験に合格しなければなりません。

そもそも、司法試験を受験するに当たっては2つのルートがあります。

それは司法予備試験に合格するルートと、法科大学院を修了するルートです。

かつては、法科大学院のルートのみが設けられていました。しかし、2年3年と法科大学院に通う時間や費用のない学生や社会人のために、新たなルートを設ける必要があったのです。司法予備試験に合格さえすれば、司法試験を受験するチケットがもらえることになるのです。

司法予備試験の受験費用は、17,500円(法務省HPより)であるのに対し、法科大学院はもちろん差はありますがおおよそ1,100,000円かかってしまうのです。

 

つまり、司法予備試験を受けるメリットとしては、時間や費用をかけずとも司法試験が受験できることにあります。


 

司法予備試験が人気の理由①〜手軽に司法試験が受験できる〜

そうなると、司法予備試験を受験する層はどの様な層であるか想像がつくのではないでしょうか。

司法予備試験を受験する層は法科大学院に通う事が難しい者もしくは法科大学院に通わずに司法試験に合格したいものです。

つまり、働く社会人や学部生と言う事になります。

司法予備試験は学部生にとっては法科大学院に通うよりも早く司法試験に合格できる窓口になりえますし、社会人にとっては働き収入を得ながら司法試験に合格できる窓口になります。

このメリットに気づいた人々が、徐々に司法予備試験を受験するようになっているため事が、人気の理由です。

司法予備試験が人気の理由②〜広がる弁護士の活動の幅〜

また、司法予備試験が人気の理由としては弁護士の活動の幅が広がってきている事にもあります。

最近、弁護士が頻繁にテレビに出ています。今や、タレントの様な活動をしている弁護士もいらっしゃいますよね。これも弁護士の仕事の幅が広がってきた一つの理由です。

タレント活動の他に、グローバル化やインターネットの普及によって、弁護士にも多様な能力が求められると同時に弁護士の活動の幅が一気に広がっているのです。

弁護士により多様な活動が求められることで、新しい分野に特化した弁護士(ポスト)が足りないのが現状です。そうしたポストを目指し、弁護士を目指す人が増えているのです。


まとめると、司法予備試験が人気の理由は、法科大学院に通わずとも司法試験に挑戦できるメリットが多いというのと、弁護士の活動領域が増えてきている事にあると言えるでしょう。

しかし、司法予備試験を受験する人数が増える分、合格することが難しくあるのではないか、という心配もあるはずです。実際、司法予備試験の合格率は低いことも現実なのです。

資格スクエアの予備試験講座