資格スクエア
  1. 資格スクエア
  2. > 予備試験講座
  3. > 予備試験
  4. > 勉強法
2,911Views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商法を得意科目にする4つのコツ

条文数が多く内容も難解な商法をマスターするコツは条文をまめに参照すること、民法憲法と対比させること


予備試験においては、商法としては15問が出題されます。
そして、その内訳は、会社法11問、手形2問、商法2問となっています。

商法条文数が多く、かといって、憲法民法刑法のような主要三科目でもないため、苦手な人にとっては勉強しにくい科目であると言えるでしょう。

しかし、もし一般教養科目をあまり勉強しないで試験に臨もうと考えている場合は、一般教養科目の代わりに商法で得点することが重要です。
 

攻略法

商法の勉強については、過去問を解きながらまめに条文を参照するという勉強法が中心になります。
特に、普段から条文中心の勉強をしていくことが重要です。なぜなら、論述式試験でも条文を使って答案を書くことが求められるからです。

しかし、条文が大事といっても商法条文は数が計り知れないし、内容も難解ですよね。こんなの全部覚えられるわけないじゃないか!と焦っているあなた。正解です。

商法条文にも押さえるべきポイントがあるのです。

 

条文のポイントを理解するためには、予備校テキストを参照することや参照した条文にマーキングをすることが大切です。

また、商法の内訳は会社法手形商法総則商行為)がありますが、中でも会社法が特に重要です。これは、公務員試験行政書士試験など、他の法律系資格でも共通する傾向にあります。
そのため、会社法を中心に勉強してください。(会社、手形、商の勉強比率)

学習のコツ

商法の学習のコツは、2つあります。

民法を一通り勉強した後に商法の勉強を行うこと

会社法の機関の分野(株主総会等会社のガバナンス方を規定)は、憲法の統治(国会内閣等について)と対比させて勉強する

③実際に自分で株式を保有する

 

まず①についてですが、商法民法商人バージョンという特別法という位置づけであるため、勉強する時も、民法との違いを意識していくと記憶しやすのです。


次に、②については、会社法の中の頻出分野である機関の分野は、憲法の統治についての規定を参考に考えられているからです。


③については、実際に自分も株式を所有してみると、会社法株式の規定をイメージしやすくなるのではないでしょうか。また、株主総会などに出席してみると、株式分野で頻出の株主総会に関する問題を理解しやすくなるのではないでしょうか。今はホームページ上で株主総会の様子が見られるので、見てみることをおすすめします。


以上をまとめると、

 ・商法の中で、特に会社法を重点的に勉強すること

 ・条文をまめに参照すること

 ・民法憲法と対比させながら理解すること

 ・株式についての規定は株式を保有するなど具体的イメージを持つ

となります。