お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法試験講座
  3. > 司法試験
  4. > 勉強法
Image059

司法試験の受験ウォリアーに学ぶ合格法

司法試験予備試験に短期合格する人は、受験のやり方を知っているのです。

司法試験だから、という特別な勉強法を捨て、過去の自分に成功をもたらした勉強法を実践すべき

司法試験や司法予備試験は、条文を暗記する「特別」な試験ではないことは「一発合格のためには思い込みを捨て去れ」で述べました。
 
それでは、なぜ、司法試験が「特別な試験」ではないことを理解することが、試験の一発合格につながるのでしょうか?
 
それは、「司法試験の特別な勉強法」を探し求め、時間を無駄にするということが無くなるからです。今まで自分が実践してきた勉強法を、司法試験にも使ってください。

 

特別な受験方法を模索してはならない

短期合格する人は、司法試験が高校受験や大学受験と「同じ試験」であるということをよく理解していて、特別な勉強法を探す、ということはしません。今までしてきた受験勉強の延長戦と考えて取り組むため余計な心配を抱きませんし、恐れずに試験に挑戦するため、合格しやすいのです。

反対に、「司法試験の勉強はこうでなくてはならない」という方向に行ってしまう人というのは、なかなか合格出来ない傾向にあります。

なぜなら、自分は法科大学院生だ、司法試験を受けているのだ、という変なプライドに満足してしまうからです。その結果、司法試験に不合格、ということもよくある話です。

受験ウォリアーの心理に学ぶ合格法

受験ウォリアーとは、今までにいくつもの試験を受け、その度に勝ち抜いてきた、いわゆる「受験慣れ」している人達のことを指します。

こうした受験ウォリヤーの多くが、司法試験にも合格しています。

それは単なる場馴れだけではなく、自身の成功体験に基づいた「こうすれば合格できる」という自分の勉強法を確立させているからです。受験ウォリヤーは小学校の頃から受験塾に通い、受験での勝ち抜き方を叩き込まれていますし、自信もしっかり持っていますので、司法試験も今まで通りやれば受かるという確信を持って挑戦しているのです。

しかし、何も受験ウォリアーだけが、司法試験に合格している、というわけではありません。受験ウォリアーのように、何度も試験に合格したというような成功体験を持たない人でも、十分に司法試験に合格する可能性はあります。

自分は受験ウォリアーに該当しない、という方は、かつて経験した受験を思い出し、反省してみましょう。失敗した原因は何だったのか?自分の悪いクセは何なのか?といったことを考え、「自分だけの勉強法」を作ってください

「自分だけの勉強法」を司法試験の勉強にも当てはめることで、合格への道は開けます。


 

資格スクエアの司法試験講座