お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法試験講座
  3. > 司法試験
  4. > 勉強法
Image001

騙されるな!再現答案と上手く付き合う方法

司法試験予備試験の対策として再現答案を使うことがありますが、真に受け過ぎないようにしましょう。

再現答案は、合格圏内の答案がどういうものかを知る程度の利用でよい

司法試験受験の世界では、様々な情報であふれています。本当に自分に必要な情報なのか、取捨選択すべきです。

情報の中には、司法試験合格者の成功体験が書かれたものがあります。合格体験記の他に、「再現答案」というものです。

再現答案と上手く付き合うためには、どうしたらよいのでしょうか?

 

「再現答案」とは?

「再現答案」とは、司法試験・予備試験に合格した人の優秀答案のことです。

最近では、再現答案を集めて書籍化したものも販売されています。
不合格者を含めた再現答案を順位別に用いた解説講義もあり、自分の答案と比べることで、今の自分がどの程度のレベルなのかを知ることが出来るため、便利なものです。
 

再現答案にも問題点はある

いくら便利だからといっても、再現答案を使う時には1つ注意点があります。

それは、再現答案とは試験本番の答案そのものを再現したものではない、という事です。
完全再現はほぼ不可能で、記憶を辿りながら再現しているのです。

試験答案の中には「こんなことまで書くべきなのか」というような記述が多くありますが、あまり萎縮する必要はありません。

その理由は2つあります。

まず一つ目に、再現答案通りに書かなければ試験に合格しない、というわけでありません。再現答案は、優秀な答案であるという事を覚えておきましょう。

第二に、再現答案は模範解答ではないという事です。優秀な答案であっても、相対的に優秀であっただけで、論点の抜けがもあれば間違った記述もあります。

つまり、再現答案を目指して答案を作るという事は、少なからず正しい答案が書けなくなる危険を伴うのです。

 

再現答案と上手く付き合っていく方法

再現答案は、どの程度のレベルならば合格圏だったのかということを知る指標として用いるようにするべきです。

では、具体的にどのような利用方法がベストなのでしょう。以下に見ていきます。


①同じ作成者の答案をいくつか見比べる。(その作成者が何が得意で何が不得意なのかを見分けられるようになります。)

②自分が不得意で、作成者が得意な分野の答案を見つけ、読む。

③自分で実際に答案を書いてみて、改善点を洗い出していく。

 

いかがでしたでしょうか?再現答案は、あくまで合格レベルの答案がどのようなものかを知るための物、という事はキモに銘じておきましょう。

資格スクエアの司法試験講座