資格相談ダイヤル:TEL 03-6459-3975

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法試験講座
  3. > 司法試験
  4. > 勉強法

驚くほど記憶を定着させる暗記法

何度も記憶し直すことで、「解答を見なくても分かる」状態まで持っていく

司法試験では、六法条文対策はある程度必要であるということは「六法の丸暗記は必要ない」でお話ししました。

ある程度、とは言っても、覚えるべき条文の数は膨大です。

それでは、どのように暗記していけばよいのでしょうか?

暗記は回数を重ねるべし

条文暗記のポイントは、何度も繰り返し復習することです。

覚えたことを全て忘れない人間などいません。
1度の暗記だけで全部覚えられるのなら、試験勉強に苦労する人などいないでしょう。

暗記した条文は、数日たったら忘れるものです。繰り返し暗記し、記憶に定着させていきましょう。

記憶を定着させる

問題を読んだらすぐ条文を思い出せるようでなければ、記憶が定着していないとはいえません。

ここでいう「記憶を定着させる」とは、解答を見なくても思い出せるということです。

問題に取り組んでいる時は思い出せなくても、解答を見て「ああ、これこれ!」と思い出すというパターンは多いのではないでしょうか。
こういった「読めばわかる」という場合、これは「覚えている」ことにはなりません。
情報を見ればわかって思い出せることと、脳にデータが整理されていて自分で好きに使える形で記憶されているのは全く別のことなのです。

解答を見ないと分からなかった分野は記憶が定着していないということですので、重点的に復習しましょう。

効率的な暗記方法

暗記に不安を持っている方も多くいらっしゃることと思います。

暗記で自分にあったやり方が分からない人は、記憶する暗記事項をイメージ化をすることをオススメします。

詳しい方は、「イメージ化で記憶は驚くほど定着する」をごらんください。

この記事もおすすめ

自分のことは自分で決める!パーマと剣道実技拒否の判例~予備試験・司法試験のためのおはなし~

修徳学園高校パーマ退学事件は、私人間効力、民法1条、民法90条に反しないか、違法か否かを検討する判例です。パーマについて自己決定権の一内容として憲法13条により保障されるとしても、学校長の「自主退学勧告」を違法でないと判断しました。

View 446

自分のことは自分で決める!(「自己決定権」って?)具体的判例

自己決定権は、自己の個人的事柄について公権力から干渉されずに自ら決定する権利であり、個人の尊厳・個人の人格的自律を前提として、そのような人格的生存に必要不可欠な権利・自由を包括的に保障した具体的権利として13条の幸福追求権の一内容として保障されます。

View 677

司法試験に一発合格するためには思い込みを捨て去れ

司法試験予備試験に合格するためには、特別である必要はありません。

View 3,395

まずは記憶を根付かせることが重要

司法試験・予備試験に合格するには、短期記憶を長期記憶に変える必要があります。

View 517

過去問に着手する前にやるコトは?

司法試験予備試験の過去問は少ないため、まずは色々な教材で知識をつけることが重要です。

View 439