お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 予備試験講座
  3. > 予備試験
  4. > 試験対策
Image054

多くの人が論文式試験を諦める理由と対策

司法試験・予備試験論文式試験の受験期では、自分の手で答案を作らなくてはならなくなります。

一から解答することが求められるため挫折してしまう論文式試験は、解答例の真似から始めてみる

司法予備試験に合格するためには、

①基本事項をインプット

②司法(予備)試験短答式の対策

③司法(予備)試験論文式の対策

という3つのステップを踏む必要があります。

壁は予備試験論文式

①、②の対策は、自分一人の自習でクリアできます。予備校の講義を受け、参考書やテキストを読み込むことで、理解と記憶が可能だからです。

しかし、多くの受験生が挫折するポイントが③の司法予備試験論文式の対策なのです。

なぜなら、論文式試験は、あらかじめ正解が用意してある短答式試験とは違って、自分で一から回答を考えなければならないからです。何をどう勉強すれば出来るようになる、という確固たる方法が無いため道を見失ってしまう受験生が多いことが現状です。

 

論文式試験の対策ポイント

多くの受験生が論文式試験で挫折している論文式試験対策。では、どのような対策をとるのが、最も効果的なのでしょうか?

それは、「真似をすること」です。解答例を読んで、この問題はこう解答するのだ、ということを覚える所から始めましょう。

効果的な対策のポイントは、「論文対策は真似から始める」をご覧ください。
 



 

資格スクエアの予備試験講座