お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法試験講座
  3. > 司法試験
  4. > 勉強法
Image059

司法試験受験生と法学者はちがう

司法試験・予備試験の合格には「学問」ではなく「試験勉強」が必要です。

司法試験に出る範囲のみ、勉強すべし 法学の深みにはまってはいけない

司法試験受験生が陥りやすい勉強法として、法律という学問の深みにはまっていくことが挙げられます。

試験科目として法律と付き合う

司法予備試験・司法試験に合格するためには、司法試験に必要な知識のみを勉強することが必要です。

たとえば民法の対策をするとして、目指すべきは「予備試験や司法試験の試験科目」としての民法であって、「法律」としての民法ではありません。

最新の論文や判例解説に深入りばかりしても、専門性は高まりますが試験で必要なスコアリング能力は育ちません。

法律には学問的側面もあり、そちらもかなり強いため法律の学問をしている研究者も数多くいますが、今やるべきことは学問では無いのです。

学者になるのであれば、学説の動向や最新の判例に触れていることは大事です。しかし、司法試験においては、最新の論文や最近出た判例など、勉強しても意味がありません。

東京大学法科大学院で優秀な成績を収め、教授のお墨付きすらもらったのに本番では酷い点を取ってしまった、といったことは何故起こるのかというと、その「ズレ」が招いた結果なのです。
本試験で要求されていることとやってきた勉強がズレていたため、思っていたように得点出来なかったのでしょう。
 

 

やるべきは試験対策

それでは、司法試験に合格するためには、どのような勉強をすれば良いのでしょうか?

必要なのは、試験対策です。試験に出るものだけ、対策すればよいのです。

 

個別の試験対策については、短答式試験論文式試験、口述式試験をご覧ください。

資格スクエアの司法試験講座