お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法試験講座
  3. > 司法試験
  4. > 勉強法
Image025

受験勉強では「読書家」になってはいけない

司法試験・予備試験に合格するためには、テキストを読んでばかりではいけません。

受験勉強は、徹底した繰り返しという単調さが成功の元

受験勉強を辛いと思えるほど一発合格の可能性が高まります。受験勉強に楽しさを求めてはいけないことは、「受験勉強は楽しくない」でお話ししました。

さて、そんな「つまらない」受験勉強ですが、具体的にどのような点がつまらないのでしょうか。

 

受験勉強は単純作業であるべき

司法試験や司法予備試験では、「徹底的な繰り返し」こそが、合格答案を作るカギであり、つまらない原因なのです。

とある予備試験合格者に「論文式対策として最も重視したものは何か」と聞いたところ、「1日の勉強時間の大半は記憶に充てていた」と答えたことがあります。
一般的に論文式試験の対策というと、論文を実際に書く練習をしたり知識を応用させる練習をしたりなど、「本質的理解」「応用力」「現場思考力」といったイメージが強いと思いますが、実際はそうでもないのです。

司法試験で重要になるのは処理手順を叩き込む作業です。

インプットのベースとなるテキストは何度も何度も読み返して記憶しなくてはいけないのです。何問も演習問題を解いたところで、解き放しでは意味がありません。同じ箇所を何度も解くことが重要となります。


 

目指すべきは「読書家」ではない

徹底的な繰り返し、といっても、繰り返しインプットしているだけではダメです。むしろ、繰り返し問題演習、つまりアウトプットすることが重要です。

ペンを持たず、ひたすら本を読んでインプットばかりしている「読書家」になってはいけません。こうした人は、知識は頭に入っていないのに勉強した気になってしまいがちです。

法律という分野上、「読書家」になりやすいことが特徴ですが、アウトプットを繰り返し行うことを心がけましょう。
 

資格スクエアの司法試験講座