司法試験・特別カリキュラム

①特別カリキュラムとは

司法試験本試験では、法律7科目のほかに、労働法、知的財産法、倒産法、国際私法、国際公法、租税法など、各種の選択科目が問われることになります。これらの講座は、法律7科目の講座とは別に、特別講座として位置づけており、順次拡充しています。

②法律7科目以外の科目について

1. 司法試験本試験の選択科目について

司法試験本試験では、法律7科目のほかに、受験生の多い順番に、労働法、倒産法、知的財産法、経済法、租税法、環境法、国際関係法(私法)、国際関係法(公法)が問われます。

③特別カリキュラムの各講座

1. 司法試験本試験選択科目講座(準備中)
司法試験本試験の論文式選択科目について、一通りの範囲をカバーし、万全の準備をするための講義です。