短答上三法 ド短期集中プログラム

こちらのプランのお申し込みは終了いたしました

短答上三法 ド短期集中プログラムとは

直前期の知識の補完に使用できる対策講座。
憲法・民法・刑法、合計17時間の講義で短答式試験の重要知識を総ざらいします。
該当部分のテキストはオンライン上で閲覧可能なので、分厚いテキストは必要なし。
短答頻出論点を効率的に「1週間で」網羅して学習することが出来ます。
※本講義で提供する内容は1期生向け短答対策上三法講座と同じものです。

講義内容

講義時間

約17時間(憲法:約5時間半、民法:約6時間半、刑法:約5時間)

販売価格

12,800円(税抜)(2015年8月までのリリース記念プラン取得者は9,800円(税抜)での購入が可能です)

視聴期間

2016年5月末まで

支払方法

クレジットカード(一括・分割対応)・コンビニ決済・キャリア決済・銀行振込

対象者

・2016年司法試験・予備試験の短答合格を目標にしている方
・短答式試験の頻出ポイントを限られた時間で押さえたい方

講義シラバス

<憲法>

違憲審査制の類型・法的性格/司法権の限界であるもの/立法不作為/在宅投票制度廃止事/ハンセン病国家賠償訴訟/第三者所有物没収事件/ムートネスの法理/憲法判断回避の原則/合憲限定解釈/違憲判決の効力・遡及効・将来効/憲法判例の拘束力/判例変更と遡及処罰禁止/地方自治の意義/住民自治・団体自治/地方公共団体/最判38・3・27/二元的代表制/法律留保事項/徳島市公安条例事件/法律の範囲内の判断基準/住民の権利/憲法改正/国民の承認/憲法改正の限界/憲法の変遷/抵抗権

<民法>

親族/限定承認/相続放棄/種類債権の特定/多数債権債務の関係/債務引受/贈与/寄託/事務管理/失踪制度/条件・期限/占有権/相隣関係/用益物権/担保物件/留置権/先取得権/質権/抵当権/抵当権の効力・処分等/根抵当権/共同抵当権

<刑法>

堕胎/遺棄罪総説/逮捕および監禁の罪/脅迫の罪/略取及び誘拐の罪/身代金目的拐取罪/強制わいせつおよび姦淫の罪/秘密を侵す罪/死者の名誉棄損/信用および業務に対する罪/盗品関与罪/毀棄および隠匿の罪/騒乱の罪/放火/往来を妨害する罪/往来危険罪/通貨偽造の罪/有価証券偽造の罪/虚偽診断書等作成罪/印章偽造の罪/賭博および富くじに関する罪/礼拝所及び墳墓に関する罪/国家的法益に対する罪・内乱に関する罪/逃走の罪/犯人蔵匿および証拠隠滅の罪/偽証の罪/虚偽告訴の罪/職権乱用の罪/賄賂の罪
※その他総論部分は条文の読込みを中心に解説。

オススメの受講方法

倍速機能を用い、しっかりと言葉が聞き取れる速度で講義を聞いてください。
学習が十分でない、弱いと感じた分野については基本書に戻り、確認をしましょう。
また、再確認のために要点を整理したレジュメをオンライン上で作成し、見返してください。
要点を整理する際には、ご自身が暗記をしやすい形式にまとめることが非常に重要です。
1.7倍速(17時間の講義を10時間に短縮)、一日2時間の講義聴講から、5日間で要点をまとめ、残り2日間でその要点を総ざらいをして頂くことをお勧めいたします。

短答講座(上三法)のフォロー体制について

1. 質問フォロー

短答講座においても、分からない点についての受講生フォロー制度を設けております。受講生の方には、講義の聴講画面より質問ボタンを使って質問をしていただく事が出来ます。
3営業日以内に、講師、合格者からの回答が届きます。

2. 受講・受験相談のフォロー

講義の質問以外にも、勉強法や個別の進度・事情について、専任スタッフがご相談を承ります。
受講前の方も、以下よりお電話またはメールで直接スタッフとお話しいただけます。

3. 対面フォロー

2015年開講時より、講師との距離が近い、仲間ができる、モチベーションが上がると評判の対面型イベントに力を入れてまいります。

【お問合せ先】

資格スクエア事務局


「短答上三法 ド短期集中プログラム」受講応募フォーム

必須
必須
必須
必須
短答上三法 ド短期集中プログラム
会員登録済みの方は こちらから ログインして下さい

お選びいただいたご決済方法に合わせて、事務局よりお手続きの詳細についてメールにてご連絡差し上げます。万が一、2営業日が経過しても連絡がない場合には、大変お手数ですが、info@shikaku-square.comまでご連絡いただければ幸いです。
 ※応募フォームの送信のみではお客様に課金はされません。事務局よりご連絡後、ご決済をいただいて初めて料金発生となりますのでご安心ください。