お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法書士講座
  3. > 司法書士
  4. > キャリア・就職
Image064

独立開業はすべきか?

司法書士として独立開業しなくても、司法書士事務所や弁護士事務所などに勤める選択肢もあります。

司法書士試験に合格した後、資格をどう活かしていけばよいでしょうか。

独立開業はすべき?

司法書士は独立開業というイメージが強いですが、必ずしも独立しなくてはいけないわけではありません。
自分の生活や仕事の都合に合わせて、好きなタイミングで登録・開業すれば良いのです。

合格時点で別の仕事に就いていて、収入や生活が安定している方は無理に開業する必要は無いでしょう。
資金の関係上、すぐに開業するというのも難しいという方もいるかもしれません。

いずれにしても大切なのは、せっかく習得した法律の知識を忘れないようにすることです。
いつでも司法書士として活躍出来るようにするため、法律から完全に離れてしまわないようにしましょう。

事務所への勤務

資格の活用方法の一つに、既に開業している事務所への勤務があります。

司法書士事務所は当然として、弁護士事務所や税理士事務所など他の国家資格者の事務所への勤務も可能です。
社会が複雑になってくると色々な法律問題が起こるため、問題解決に必要な法律知識も多種多様なものが求められてくるのです。

そうなってくると、税理士などといったある一つの分野に特化した人が全ての問題を請け負うのは非効率でしょう。

そんな時、同じ事務所に複数の分野の専門家がいればより幅広い問題の解決が可能になります。
実際、最近では弁護士と税理士と司法書士のように別々の専門家による共同の事務所が増えてきています。

それぞれの知識が活かせる総合的な事務所であるため、様々な社会問題に立ち向かうことが可能なのです。

ちなみに、既に開業している司法書士事務所に勤めるというのも一つの手ですが、その場合の収入はかなり少ないことを覚悟しておきましょう。
司法書士の世界では師弟制度がまだ残っているため、新人の司法書士を「雇ってやっている」「修行させてやっている」という感覚が強いのです。

勿論、実務を知れるという意味ではよい経験の場になりますが、ずっと勤めるのではなくいずれは開業するつもりでいた方がよいでしょう。

資格スクエアの司法書士講座