お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法書士講座
  3. > 司法書士
  4. > 勉強法
Image097

不確定無効~追認によって有効になる~

司法書士試験で出題される民法の総則に定められる代理では、無権代理のことを不確定無効といいます。

司法書士試験に出題される民法第1編の総則では、代理について定められています。
代理は本人・代理人・相手方による三面関係を生み出すシステムで、「代理権」「顕名」「代理人と相手方の間の法律行為」という3つが法律要件です。

不確定無効

Aさんは代理権がありませんが、お金持ちのBさんの代理人であると嘘をついてCさん所有の建物の売買契約を締結してしまいました。
が、Bさんがその建物を気に入り、正式に自分のものにしたいと望んだのです。
このとき、Bさんは建物を手に入れられるのでしょうか。

無権代理という側面から考えると、代理権の無いAさんが結んだ代理契約はBさんへ法律効果を帰属させることなく、「買主」ではないBさんが建物を手に入れることは出来ないように思えます。
しかし、相手方のCさんは元々Bさんと取引するつもりであったでしょうし、そのBさんがちゃんと買ってくれるというのならば、Cさんからして困ることはありません。
勝手に購入されてはしまいましたが、BさんとCさんに不満がなければ、Aさんの行為をBさんが「追認」することで代理契約を有効にすることが出来ます。

無権代理は一応無効の契約ですが、本人による追認で有効になる場合もあります。
この、どちらともつかない状況を「不確定無効」と表現します。

民法113条『無権代理』の第1項では「代理権を有しない者が他人の代理人として契約は、本人がその追認をしなければ、本人に対してその効力を生じない。」と定められています。
これは裏を返せば「本人が追認すれば有効になる」ということなのですが、第2項で「追認又はその拒絶は、相手方に対してしなければ、その相手方に対抗することができない。ただし、相手方がその事実を知ったときは、この限りでない。」とも言われています。
この条文は、もしも相手方Cさんが、Aさんと契約をした時点ではBさんに売る気があったけれどもその後気が変わってしまった、などの場合に備えたものです。

資格スクエアの司法書士講座