お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法書士講座
  3. > 司法書士
  4. > 勉強法
Image059

代理人の責任~復代理によって責任を負う~

司法書士試験で出題される民法では、復代理において代理人が本人に対して負う責任について定めています。

司法書士試験に出題される民法第1編の総則では、代理について定められています。

本人から依頼を受けた代理人が、さらに代理をすることを「復代理」といいます。
では、復代理人と代理人、本人の間にある責任について考えてみましょう。

復代理による代理人の責任

もしも復代理人が代理業務において、何か問題を起こした場合、代理人は本人に対して責任を負わなくてはなりません。
特に、自由に代理人を選任できることになっている法定代理人が本人に負う責任は重いものとされています。

民法106条『法定代理人による復代理人の選任』では「法定代理人は、自己の責任で復代理人を選任することができる。この場合において、やむを得ない事由があるときは、前条第一項の責任のみを負う。」と定められています。
つまり、復代理人の選任は自由だけど、した場合には全責任を負わなくてはならないということです。
しかし、その選出がやむを得ないものであったら責任が軽くなり、前条第1項のみの内容だけでよい、ということにもなっています。

それでは、その内容を見てみましょう。
民法105条『復代理人を選任した代理人の責任』では、「代理人は、前条の規定により復代理人を選任したときは、その選任及び監督について、本人に対してその責任を負う。」とされています。
これが、やむを得ず復代理人を選出した法定代理人の負うべき責任になるのです。

任意代理の場合はどうなるのでしょうか。
105条の第2項では、「代理人は、本人の指名に従って復代理人を選任したときは、前項の責任を負わない。ただし、その代理人が、復代理人が不適任又は不誠実であることを知りながら、その旨を本人に通知し又は復代理人を解任することを怠ったときは、この限りでない。」とされていて、本人の指名による任意代理であれば、それは本人の意思であるため代理人の責任はないということになります。
ただ、復代理人を選任すべき代理人が、復代理人が信頼ならない奴だとわかっているのにその解任をしなかった時には負うべき責任がある、となっています。

 

資格スクエアの司法書士講座