資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 司法書士講座
  3. 司法書士とは

司法書士とは

司法書士とは

司法書士とは、不動産や会社登記の代理業務や、裁判所や検察庁・法務局への提出書類を作成する法律のスペシャリストです。弁護士に次ぐ法律系の難関資格に位置づけられており、社会的ステータスが高い資格の一つでもあります。

<目次>

司法書士とは『手続きをサポート!街の法律家』
具体的な業務内容
司法書士の魅力
司法書士と弁護士の違い
訴訟代理人を務める認定司法書士とは?
将来性がある仕事

 

司法書士とは『手続きをサポート!街の法律家』

司法書士は、一般市民の身近な場所で活躍する「街の法律家」です。
不動産や会社などの登記をしたり、比較的小さな訴訟事件の相談を受けたりと、気軽に相談出来る存在として活動するのが司法書士なのです。

以前は「代書家」と呼ばれていた時代もあり、文字の書けない人の代理として書類を代筆するのが仕事でした。しかし、現在の法制度は単純なものではなく、世の中の多くの部分は法律の枠内で動いており、現在では登記の申請書類ひとつを作成するにも、いくつもの法律についても正確な知識がなければ間違いのない書類の作成・手続きはできません。

地域社会の身近なところでこそ、正確な法知識をもつ人間が要求されており、その存在が「司法書士」なのです。
弁護士とはまた違った法律サポートを提供し、社会において役立つ職業と言えるでしょう。

 

具体的な業務内容

業務内容

具体的な業務内容は、登記業務/成年後見人/訴訟代理人の3つに分けられ、法律に関わる様々な手続きをサポートします。

【登記業務】

主な仕事は「登記業務」です。
土地や建物を購入した場合、あるいは新しく会社を設立した場合に、法務局に対して登記申請という手続をしなければなりません。この登記手続はとても煩雑であり、ミスをすると権利が損われる場合もあるため、登記の専門家・法律家である司法書士が権利者の代理として手続きを行います。新築購入や会社設立などの人生の転機にその存在が必要とされるため、社会において代理人として重要な役割を担っています。

登記とは?

司法書士が行う登記は、主に「不動産登記」と「商業登記」に分けられます。 不動産登記は、土地や建物について所有者や所在地を記録することで、社会に対し権利関係を明らかにするものです。一方の商業登記は、会社設立の際に役員・資本金・事業内容などを記録します。これらの記録(登記)があるからこそ、土地や家の売買、会社間取引の安全性が担保されます。

【成年後見人】

認知症や知的障害・精神障害などの理由で十分な判断ができない方の生活や財産を守るため、「成年後見制度」が2000年に始まりました。
成年後見人は、介護サービス施設への入所や財産の管理、悪徳商法等の被害に遭った時の取消し手続きなどをご本人の代理として行います。
法律の専門家である司法書士はこの成年後見人に選出される場合が多く、超高齢社会化が進む現在、司法書士への期待が高まっていると言えるでしょう。

【その他の業務】

その他にも、
・相続業務…相続の際に必要な銀行や不動産の名義変更、死亡届提出などの手続において相続人をサポート
・企業法務…取引先との契約内容のチェックや、コンプライアンスに関するアドバイス
のように様々な法律の取扱分野があるのも特徴の一つ。
トラブルや事件に巻き込まれた方の事後対応というよりも、それらを未然に防ぐ仕事や手続きが多いため、個人・法人問わず多くの方に必要とされる存在です。

 

司法書士の魅力

司法書士の魅力

司法書士にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

【独立開業ができる】

司法書士はプロの法律家として、独立開業をして個人で業務を行うことが可能です。そのため、扱う業務範囲や仕事量のコントロールも自分で決めることができ、自分の生活に合わせたある程度の時間調整が可能です。自分の力で稼ぎたい方や、育児などでライフバランスをとりたい女性にとっても魅力的な職業です。性別に関係なく活躍できるのも、大きな魅力と言えるでしょう。

【就職・転職にも有利】

司法書士は法律系の資格の中でも司法試験に次ぐ超難関資格であり、高い権威を有します。
登記に関わる不動産業界でのアピールはもちろん、一般企業の法務部や金融業界においても即戦力として高い評価を得ることが期待できます。

 

司法書士と弁護士の違い

弁護士との違い

弁護士との違いはどこにあるのでしょうか?
弁護士も司法書士も、法律系資格であり試験の難易度は非常に高く、同時に社会的ステータスの高い職業でもあります。

弁護士が法律全般の業務に携われることに対し、司法書士が携われる業務は限定されています。しかし求められるそれぞれの役割は異なっており、司法書士の役割がトラブルを未然に防ぐ「予防司法」がメインであるのに対し、弁護士の役割は既に起きた紛争を解決することがメインとなります。
また司法書士の仕事は、範囲が限定されている分、得意とする登記や供託業務に関しては弁護士よりも精通しているとも言えるでしょう。
書面作成で代理人をサポートし、きめ細やかな法サービスでスムーズな手続きを可能にします。

 

訴訟代理人を務める認定司法書士とは?

認定司法書士とは

2002年の法改正で、司法書士は裁判所や検察庁に提出する書類作成業務だけではなく、簡易裁判所において訴訟代理人として弁護士と同じように弁論したり、和解交渉を行ったりすることができるようになりました。
弁護士の業務の一部である、一定の借金の整理手続や140万円以下の民事訴訟の手続きが認められた形です。

この裁判業務を行うには「簡裁訴訟代理等能力認定考査」で認定を受ける必要があります。
詳しくは「簡裁代理認定司法書士になるには?」をご参照ください。

 

将来性がある仕事

司法書士の将来性

将来性はどうなのでしょうか?詳しく見ていきます。

【実力次第の収入】

平成15年からは、報酬額基準が廃止されるに至り、これにより決まった報酬額を当然のように請求することはできなくなりました。つまり報酬は、依頼者との間で自由に妥当な価格で合意すればよいということになったのです。法律のプロとして独立開業することにより、実力次第で年収1000万円超えも夢ではありません。

【取扱業務分野の拡大】

取扱業務分野には、さまざまなものがあります。
上記でご紹介した書面作成・手続きの登記を始めるとする仕事内容の他、簡裁代理認定司法書士や中小企業の事業継承を支援する仕事など、携わる法律業務の幅は拡大傾向にあります。
また不動産や企業がある限り登記手続きのニーズは続きますので、高ニーズな職業とも言えるでしょう。自分の得意分野を見つけることにより、他者と差をつけて強みとすることも可能です。

【動画で解説】

もっと詳しく知りたい方のために、三枝りょう講師(司法書士実務家)による解説動画をご用意いたしました。前半では<司法書士と弁護士の違い>、後半では<仕事内容と将来性>を詳しく解説。 ぜひご覧いただき、弁護士との違いや、代理業務や手続きなど「合格した自分」をイメージしてみてください。

-----こちらもご参考ください-----
<その他のコンテンツ>
・司法書士とは
・資格取得のメリット
・他の難関資格との比較
・試験概要(試験日・出題科目など)
・試験の傾向と対策