お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法書士講座
  3. > 司法書士
  4. > 勉強法
Image045

物上保証~無限責任と有限責任~

司法書士試験に出題される民法では、物上保証を理解しておくことも重要です。

司法書士試験に出題される民法では、債権について定められています。

お金を貸す側が、借金を踏み倒される危険から逃れるために設定されている「貸すのは1人、返すのは複数」という方法には、連帯債務や保証債務があります。
お金を借りた主債務者とは別に、保証人となった人も、債権者と契約関係を結ぶことになるというものでした。

物上保証

債権者との関係において、保証人は直接の債務者として扱われます。
お金を貸した人から見れば「主債務者が払わなかった場合にお金を請求出来る人」ですから、行使出来る権利は「人に対する権利」です。
保証人の責任は限度の無い「無限責任」であり、主債務の元金に加えて滞納による損害金分を支払ったりということも求められます。

しかし、物上保証人は債務者ではないため、その責任は「有限責任」となります。
物上保証とは、借金の際に債権者が「お金の無いお前だけでは信用出来ないから、不動産を持っている人を連れてきて、そこに抵当権を設定させろ」と債務者に要求し、債権者と債務者間の金銭消費貸借契約だけでなく、不動産所有者との間に抵当権設定契約を結ぶというような場合に生じます。

債権者が持っているのは、もしも借金返済が無かった場合にその不動産を競売にかけるという「物に対する権利」だけであり、不動産所有者は、担保を設定して登記を入れた不動産を手放す以外に何かすべきこと、直接の義務は負っていません。
借金がどれだけ滞納されようと、その損害金が莫大なものになろうと、担保を設定した物件を手放せば所有者の責任はなくなり、そこで終わりです。
責任も債務もある保証人とは違い、物上保証人は「責任はある」けれど「債務は無い」のです。

 

連帯債務者

連帯債務者も保証債務者同様、借金返済という債務を負うことに変わりはありませんが、債権者から見ると少し違います。
連帯債務の場合、借金の弁済期が来れば、債権者はお金を貸した相手だけでなく連帯債務者全員に請求書を書くことが出来るのです。
保証債務では「主債務者が払わなかったら」という事態になったら保証債務者へ、という流れがありますが、連帯債務では同時に複数人へ権利を行使することが可能なのです。

 

資格スクエアの司法書士講座