お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法書士講座
  3. > 司法書士
  4. > 試験概要
Image097

より実務重視かつ即戦力の合格者を輩出しようとしている。

業界一わかりやすい講義の超人気講師三枝りょうの授業が圧倒的低価格

より実務重視かつ即戦力の合格者を輩出しようとしている

数ある国家資格の中でも最難関と言われる司法書士試験ですが、近年、内容や傾向に変化が生じています。
具体的には、憲法が科目として追加され、筆記試験合格者の筆記試験免除制度が創設され、試験内容が実務重視型に変更されています。

これらはいずれも時代背景やこれまでの受験事情を受けてなされた変更といえ、今後も社会情勢の変動に伴って試験傾向や試験内容が変化する可能性は十分にあります。
以下では個別に変わった点を見ていくことにします。
 

1 試験科目に憲法が追加

法律の基礎である憲法が試験に加えられたのも、そうした意味を含むものと考えられます。
 

2 繰越制度の創設

なので、まずは筆記試験を通過することで大きく合格を手繰り寄せることができるといえます。筆記試験対策はますます重要性を増したと言えます。
 

3 実務重視型への転換

したがって、受験生としては実務経験を積む必要はないにせよ、普段から目にする身の回りの文書などに関しその目的や効果などを考えるクセをつけておくとよいと思われます。

 

資格スクエアの司法書士講座