お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法書士講座
  3. > 司法書士
  4. > 勉強法
Image092

司法書士試験の勉強方法〜ノート作成〜

司法書士試験の勉強方法として、ノートを作成しておくことはとても重要。自分だけの教材として役立つ。

ノート作成は基本的な勉強方法の一つです。
作るには時間もかかり、作業時間を他の勉強に回したいと思ってしまうかもしれませんが、自分で作ったノートは自分自身の思考や勉強過程が反映された最高のテキストでもあります。

また、ノートを作ることによって学んだ知識を整理して記憶を定着させる手助けにもなりますし、司法書士試験に向けた受験勉強を効率的に進めるための手段になるでしょう。

自分に合ったノートを作る

勉強したことをノートにまとめていくにあたって、最初からびっしり書き込んではいけません。
初心者であればあるほど多めに余白を開けておき、後で気が付いたことなどを書き込めるようにするのです。

予備校や通信講座で講義を受けている人なら、講義のポイントや板書などを写したノートを元に、復習する際に疑問点などを基本書で確認しながらさらに余白を埋めていきましょう。

ノートを講義用と自習用、別々に作る人もいますが何冊にも分けるのは良い手段とは言えません。司法書士試験前の短い時間でも確認出来るようにするため、ノートは必要最小限の冊数と内容に留めておきましょう。
試験直前でもこれを見直せば大丈夫、くらいに思えるようなノートを作るくらいの気持ちで取り組むのです。
 

基本書や暗記カードもノートになる

わざわざノートを新しく作らなくても、基本書自体をノートにしてしまうという方法もあります。

とは言え基本書には余白があまり無いので、付箋紙やメモ用紙に気づいたことや注意点などを書き込み、該当箇所に挟み込んだり貼り付けたりという形になるでしょう。

勉強を進めていくうちにメモが増えると基本書が分厚くなり、やがては傷んでしまうのですが、その分だけ頑張ったと思えばモチベーションも上がります。

また、暗記カードを作るのもノート作成と同じくらい有効な手段です。基本書や受験参考書の重要論点に登場した条文を表に、その条文にはどんな論点が関係してくるのかを簡潔に説明した文章を裏に書いておくと素早く確認出来ます。
自分で論点をまとめることによって理解も深まるでしょう。

資格スクエアの司法書士講座