お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法書士講座
  3. > 司法書士
  4. > 試験対策
Image065

いつでもどこでも質問が出来る。

司法書士試験に備えて通信講座を選んだ時のメリット。情報収集のしやすさ、勉強スケジュールの組みやすさ。

司法書士試験の勉強方法として通信講座を選択するメリットは、場所を選ばず受講出来ることや反復学習が可能になることの他にこのような点があります。

質問が出来る

通信講座ではほぼ全ての機関が、電話やメールなどの形で受講者の質問を受け付けています。すぐに答えが返ってくるとは限りませんが、質問サービスを利用すれば専門の講師に不明点を聞けるため、誤解を避けることが可能です。

独学ですと間違った解釈のまま勉強を進めてしまう恐れがあるのに対し、通信講座では質問が可能なので誤解や曲解を防げるのです。

また、通信講座が質問をする際には質問表と呼ばれる指定の用紙に質問内容を書くことも多いです。
慣れないうちは質問を筆記することが面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、わからないことや不明な点を文書化することで頭の中で整理出来るでしょう。

情報収集が可能

司法書士試験に関係してくる法改正などの情報は、通常専門学校が集めています。
専門の講師などが情報を収集し、分析した上で受講生たちへ伝達していくのです。

独学の場合ですと収集から分析まで全て自分で行わなくてはいけませんが、予備校や通信講座はこの専門学校とのつながりがあるため、受講生が情報収集の点で心配することはありません。
必要な情報だけを送ってくれるので、自分で情報を取捨選択しなくても良いのです。

スケジュールが組まれている

司法書士試験の勉強は長期戦で、スケジュールを立てるのも簡単ではありません。ようやく立てたとしても、その通りに進められるかどうかは確実では無いでしょう。

しかし予備校や通信講座ではこのスケジュールを、専門の講師や合格者の意見に基づいて組んでくれることがほとんどです。自分で実行不可能なスケジュールを立てて失敗するよりも、プロの作った予定の方が確実なのは言うまでもありません。
この計画に基づいて勉強生活を律していくことで、試験対策を効率的に進めていくことが出来るのです。

資格スクエアの司法書士講座