お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法書士講座
  3. > 司法書士
  4. > 勉強法
Image099

取得時効と消滅時効~時効制度のありよう~

司法書士試験に出題される民法に定められている時効には、取得時効と消滅時効があります。

司法書士試験に出題される民法の総則では、時効について定めています。

時効とは文字通り「時間のもたらす効果」で、当事者の意思表示とは無関係に、時が経過することによって何らかの法律効果が生まれるという図式を基本としています。

取得時効と消滅時効

時効には、権利や義務を新しく得る「取得時効」と、元々持っていた権利や義務を失う「消滅時効」があります。

たとえば、隣同士に住んでいるAさんとBさんがいたとします。
Aさんが故意に土地の境界を越えてBさんの土地を耕したり掃除したりし続けているとして、その状態が20年、Bさんが何の文句も言わないまま経過するとそこの所有者はAさんになります。
裁判でAさんが所有権を主張すれば認められる、この制度が取得時効です。

また、CさんがDさんにお金を貸したものの放置して、設定した弁済期から10年が経過したケースでも時効が発生します。
Cさんが何も言わないまま時効成立の期日になった場合、それを過ぎてからいくら文句を言っても、Dさんが裁判で時効の援用を主張するとAさんに勝ち目はありません。
この制度が消滅時効です。

時効制度の存在については未だに議論が絶えません。
上記のような事例の場合でも、わざと人の敷地に入り込んでいろいろとやっていたAさんが裁判で勝つというのが本当に妥当なのか、文句を言われなかったからといって借りたお金を返さないのは道徳的に考えていかがなものか、といった問題が出てきます。
まあ、貸しておいて放っておいたCさんはその怠慢に帰責事由があるから良いとしても、世の中には借金を踏み倒すために逃げ回ろうとする人もいるのです。
文句を言いたくても言えない状態のまま10年が経過した場合、法律で保護されるのは「踏み倒そうとして逃げた奴」なのはおかしいのではないか、とも考えられています。
また、証拠が揃っている時にも時効が成立することに異を唱える人もいます。

今のところ、時効を理屈で説明するのは困難だとされ、法律のほころびだということになっています。

資格スクエアの司法書士講座