お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 中小企業診断士講座
  3. > 中小企業診断士
  4. > キャリア・就職
Image068

講師が語る診断士試験の魅力

中小企業診断士の魅力は中小企業診断士の方から聞くのが一番信憑性・説得力があります。そこで、今回は中小企業診断士の講師自らが中小企業診断士の魅力についてお話しして下さいます。

診断士試験の魅力は様々ですが、フェーズで分ければ①1次試験勉強フェーズ②2次試験勉強フェーズ③診断士試験合格後フェーズに分けられます。


まずは、1次試験勉強フェーズです。
解説するまでもありませんが、1次試験を勉強している際の魅力です。

皆様は「単調感」がモチベーションを下げるということをご存知でしょうか。
知識として知らずとも、皆様の経験上「確かに」と頷けると思います。

世の中には多くの資格がありますが、士業と言われる難関の国家資格は基本的に一つの分野のスペシャリストを認定する試験です。
では診断士試験はどうかと考えると、1次試験は様々な科目(7科目)があって全ての科目は配点が同じ、全ての科目が一様に重要であるという特徴があります。

全く異なる分野の科目を同程度勉強する必要がある、と考えるとよいでしょう。

一つの分野を沢山こなす単調感のある勉強ではないのです。

むしろ、様々な科目を勉強することでメリハリが生まれ、モチベーションを保ちやすい(勉強を楽しみやすい)試験なのです。
また、1次試験では全く分野が異なる7つの科目を学ぶため、スペシャリストではなくゼネラリストへの道が見えてきます。

新聞やニュースも様々な視点から分析することが出来るようになり、様々な方からの様々な質問への対応力も付きます。
更に、ビジネスを理解する上で必要な基本的事項を一通り学べるため、経営者やマネジャー、人を指揮する立場にある方、若しくは将来的に指揮する立場になる方は私個人としては学んでおくべきものだと思います。


次に、2次試験勉強フェーズです。
2次試験では凝り固まった固定的な考え方ではなく柔軟に対応し、企業の状況ごとに適切な判断をすることが要求されるため、ケースバイケースの論理的思考力を養うことが出来ます。
さらに、当然に与えられた企業例から導き出されるため、より合理的な回答が良いとされます。

2次試験フェーズは、状況に合わせた適切で合理的な判断を磨ける場なのです。


最後に、診断士試験合格後フェーズです。
このフェーズでは、ソフトの価値により重きを置きます。

全国には企業内診断士も独立している診断士も多数おり、合格後にはそのネットワークに自らを組み込むことが出来るのです。
私自身も、いくつかの会に所属していて、多くの方から情報や価値観を学ばせて頂いております。

ところで、皆様は企業価値を算定するにあたって重要となるポイントをご存知でしょうか。

それは、顧客名簿です。
いかに多くのネットワークを有しているかということが、最近では非常に重要視されているのです。

Facebookの株式上場を見てもお分かり頂けるかと思います。
これを皆様ご自身に当てはめてみて考えて下さい。
診断士試験というネットワークを有することにより、自らの市場価値がどれだけ高まるのか、容易に想像出来るかと思います。

勿論、ネットワークを積極的に創造していく態度や既存のネットワークに入り込む姿勢も重要となりますが、診断士という既存の大規模なネットワークを皆様が診断士試験に合格するだけで保有できるというのは非常に大きな強みになることは間違いありません。
さらに言えば、診断士試験を通ってネットワークに自らを組み込めば、仕事以外の友人も作ることが出来ます。
これは、私生活の面でも非常に大きな存在でしょう。


いかがでしたでしょうか。

診断士試験は非常に魅力的な試験で、実務に役立つ試験としても有名です。
目指す価値のある資格だと私は思っております。

資格スクエアの中小企業診断士講座