お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 中小企業診断士講座
  3. > 中小企業診断士
  4. > 勉強法
Image090

効率的な暗記を実現する勉強術はコレだ!

暗記を苦手としている人の中には、”暗記はその人の脳のキャパシティに依存している”と思っている方もいるかもしれません。しかし、それは大きな勘違いで、やり方次第で劇的に音気力を向上させられるのです。今回は、効率的な暗記のための勉強法についてお話ししたいと思います。

「独り言勉強法」「短期間で何度も復習」「睡眠時間は絶対確保」で、暗記効率をグングン上げよう!

中小企業診断士1次試験では、運営管理経営情報システム中小企業経営・中小企業政策などの暗記科目からの出題がされます。
これらの科目に関しては勉強時間が足りない、覚えてもすぐ頭から抜けていってしまう、といった悩みを抱えている受験生の方々が多いのではないでしょうか。

その悩みを解消するため、効率的な暗記術を調べてみましょう。
 

暗記効率をアップさせる勉強法1:独り言勉強法

大きな声だと他の人の迷惑になったり疲れてしまったりするので、小さな声で大丈夫です。

何かを暗記する際、その時感じる刺激が強ければ強いほど、暗記はより強固なものになると言われています。
この「刺激」とは脳により強い印象を残すということですが、一般的には五感を使った勉強法が有効だと考えられています。

とはいえ、診断士試験の勉強に嗅覚や味覚を使うのはなかなか厳しいものがありますから、口に出して音にする、つまり聴覚を利用して暗記を助けているということです。
 

暗記効率をアップさせる勉強法2:短時間で何回も繰り返す事


テキストを1周するのは非常に時間がかかりますが、それはかなり非効率的だと言えます。
また、暗記のためにはまとまった時間が必要だと考えている方は多いですが、しかしこれもまた、あまり良い勉強法ではありません。

「エビングハウスの忘却曲線」という理論を知っているでしょうか。

そこで推奨されている勉強法は繰り返し回数をとにかく増やすことです。
というのも、エビングハウスの忘却曲線によれば、人間は30分後には40%忘れ、1日後には66%忘れ、1カ月後にはなんと80%も忘れてしまうからです。

つまり一気に覚えようとするよりも、スキマ時間でよいので繰り返し何度も何度も同じ内容に取り組むことによって、暗記効率は飛躍的に向上するということです。
 

暗記効率をアップさせる勉強法3:睡眠時間は削らない

そのため、睡眠時間を削ってしまうとその時間が失われてしまって脳に深く知識を刻み込めず、結果的に暗記効率は下がることになります。

診断士受験生の方はなるべく睡眠時間を削らず、スキマ時間を活用した学習を心がけましょう。
 

 

資格スクエアの中小企業診断士講座